言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日3641 今日2637 合計6278

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   新聞というものをまるで読まない(感)   ドラエモン

 新聞というものをまるで読まないと言い切っている人がいる。そうかと思うと、朝手洗いで新刊書の広告を読むのが最大の楽しみだという人もいる。たいていの場合、新聞が無名性の名において大衆を善導しようとして声高に説いている論述と、一人一人の新聞人が生きている現実のズレを、そのまま出してくれるような紙面にはあまりお目にかからないからである。僕は行間や余白といったものにもっと目を向けるべきだと思う。
 その理由として第一に、行間や余白のようなあまり目立たない物こそ重要でかつ大切な役割をするからである。作文でも段が変わるたびに一段下げて書きはじめる。それはずっと同じ段で書いてあると、どこからどこまでが一段落なのかがわからないからだ。行間や余白の大切さに通じることだと思う。
 その理由は第二に、行間や余白がないと疲れてしまうからだ。学校の休み時間のことを考えてみよう。授業と授業の間をなくしてしまうと、全部終わった後は疲れて何にも頭に残ってないと思う。
 確かに中身が充実していることは大切だ。しかし、「雑草とは、まだ、その美点が発見されていない植物のことである。」という名言もあるように、行間や余白の存在を悔いることはできないと思う。行間や余白のようなものを取り入れることで、物事にやる気が出てきたりするものだ。他人にわかりやすいように行間や余白を使っていきたい。

   講評   inoko





毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)