言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日0 今日508 合計508

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   パカッと開いた貝は大きかった   とらたいがくん

 「ほたての貝がらって大きいなあ。ぼくの手のひらよりも大きいなあ。」(長い会話)
 生きたほたて貝を十個もらったので家族で開きました。(名前・数字)父、兄と三人で軍手をはめてナイフを貝の間に入れて開くと、ぼくがいつもたべる貝柱だけではなくて、エラ、心ぞう、ヒモなどがひっついていておどろきました。(思ったことを長く)
 「エラは魚にしかないと思っていたよ。」
ぼくが言うと、父は
「ものすごく固くて、力が必要だねえ。」
と一生けん命たくさんの貝を開けていました。(動作のようす)
 ゆでて食べると、お肉のように歯ごたえがあっておいしかったです。(たとえ)次は焼いて食べたいです。

   講評   naruko

 とらたいがくん、こんにちは。
 家族みんなでほたて貝をおいしくいただいただけでなく、貝のなかみをよくかんさつすることもできたのですね。会話文をうまくいかしながら、そのときのようす、かんじたことを書くことができました。
こうせいはじめに絵をかく
 ほたての貝がらとなかみの絵、とても上手にえがけました。むずかしい字もがんばってていねいに書けましたね。
だいざい名前・数字
 しんせんなほたて貝を十個ももらったのですね。いいなぁ。「えら」「心ぞう」「ヒモ」など身の部位の名前もしっかり書けました。
ひょうげんたとえ
 ほたてのあじを、お肉にたとえてうまくひょうげんしましたね。おいしそう! 貝がらの大きさをとらたいがくんの手のひらとくらべたのも、とてもわかりやすいです。
しゅだい思ったことを長く
 ほたてがパカッと開いたときのおどろきをくわしくていねいに書くことができましたね。

毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)