言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日0 今日7566 合計7566

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   先生   kw

サクラの蕾がだんだん膨らんできた春の日。<書き出しの工夫>
 今日は、学校の終了式。いつもこの日は、離・退任式の日じゃないけどなぜか離・退任式だった。まるでその先生に合わせたみたいだなと思ったからちょっと腹が立った。なぜかというと、その先生達の都合で、生徒が振り回されるみたいだからだ。でもそれは私のお別れ会を突然のようにやって皆を振り回してしまったからである。<体験実例>
 これと似ているはなしだがこれもおんなじ季節の春夕刊を見ていたら天才小学校長先生が退職と新しい先生といなくなる先生の記事があった。それを見て知ったのだ。校長先生には、とてもお世話になった。一つは私が机に突撃して頭を強打して保健室に行った時私の知っていた良い脳神経外科をわざわざ紹介してくれた。しかも住所を見て一番近くて良い所をあの時は、本当に有り難かった。その後その病院に行ってCTを撮ったところ数日間の後遺症があるかもしれないが大丈夫だと言われた。翌日気分が悪くなったが翌日に治った。その翌日校長室に行って御礼を言ってきた。笑顔で笑ってくれた。あの時は本当に校長先生になんと御礼を言っていいか等校長先生のありがたみが身にしみてきた。校長先生には短い間だったけどすごくお世話になった。私は、また新しい校長先生も優しい先生がいいなと思った。今度は、私が校長先生の役に立ちたいと思った。翌年私は、五年生になって新しい校長先生が来た。優しくて、明るくて、生徒や、教職員思いの良い先生だ。悪いところは悪いと叱ってくれて、良い所は良いと褒めてくれる良い先生だ。五年生の終了式が終わった後僕は、六年生を迎えるために校長先生から一言紙に書いてもらった。しかしボールペンが壊れたボールペンだったのにもかかわらずそのボールペンで書いてくれた。(笑)
 別れとは人間にとってすごく寂しいことである。 

   講評   jun

 情景での書き出しはお見事。
 校長先生の人柄がよくわかるエピソードを書くことができました。ユーモア表現もさりげなく入りましたね。
 一般化の主題も最初はこんな感じでOKです。これからも、結びは「人間にとって」という言葉を使って大きく考えてまとめてみましょう。
                               

毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)