言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
昨日0 今日3586 合計3586

昔の作文/作文の丘から

小学1・2年生   小学3・4年生   小学5・6年生   中学1・2・3年生   高校1・2・3年生

   英雄   きへあ

   
 本質的な問題にどんな点から気付くのか、そういうものがどんな状況から出てくるのかというと、それもその人の素質によるものだろう。これには、小さい時からの物の考え方、家庭内での躾、いろいろな要素が複雑に入り組んでいる。躾の厳しい家庭では、早くから親がきちんと、子供の時間というものを躾で教えるのだ。こうして、どんなに親しくてもそれぞれの立場があることを供は覚えていくのである。このような日常的で小さなことも、積み重ねによって将来の判断力の一端が育つ。それを育てるのが、家庭内の本当の愛情といえるのである。親対子な愛情は古典的で本能的なものだから、暖かい家族的な愛情がある家は幸福なのである。そこから、いい人間性が育つのだ。
このように、一人一人の人間が正しい判断力を持って成長していくには、他でもない親の愛情溢れる躾が必要なのである。
 なぜ私がこのような考えを持っているのか。その一つ目の理由は、子供は親の愛情によって、根本的なマナーや道徳感を身につけるからである。両親に口をすっぱくして言われ続けていることが、きっと皆さんにもあるだろう。私は両親にいつも「身だしなみを整えなさい」「段取りを考えて行動しなさい」と言われ続けている。私は東京の中学に通っているため、尚更しっかりしなさいと言われる。初めは何でこんなに言われなくちゃいけないんだ、と思ったりして、身だしなみという言葉が出そうになったらその場から逃げていたのだが、今では両親が私にこの言葉を言い続けた意味がわかる気がする。確かに髪をとかすのが億劫に感じることもあるだろう。耳の掃除の必要性を問いたくなることもあるだろう。しかし、毎朝人の前に顔を出すのだから、自分自身の身の回りは最低限綺麗にする必要があるのだ。今の私は、この言葉のお陰できちんと髪をとかし、耳も毎日掃除する習慣がついた。もとから当たり前のことだと言われてしまえばそこまでのことだが……。
もう一つ、私が言われ続けている言葉。「段取りを考えて行動しなさい」私はこの言葉が嫌いだ。自分がきちんと予定通りに行動できないことはよくわかっている。わかっているから、言われるのが嫌なのだ。嫌いなのだ。いつか、この言葉を理解できる日がくるだろうか。両親がこの言葉を通して私に伝えたいことを受け止めることができるようになるだろうか。これからの課題である。
 もう一度、根本的な問題について考えてみよう。「子供の成長には親の愛情溢れる躾が必要だ。」と私が思うのには、もう一つ理由があるのだ。「親から愛情を受けた子供は、他の人を愛することができるから」である。こんなデータがある。「夫婦間、親子間で本音を話しているか」という質問に、七五%の人がはいと答えている。愛情をもって接されることによって、その人自身も愛情をもって人に接することができるようになるのではないだろうか。だから人間は、深い付き合いというものができるのである。
 子供の成長の全てが親にかかっているわけではないだろう。たくさんの経験をして、様々なことを学んで、人間は成長していくものである。しかし、「英雄が歴史を作るのではなく、歴史が英雄を作る」という名言があるように、大きな大きな愛情をもつ歴史という親が、英雄を生むのである。

   講評   kira

 きへあさん、こんにちは。子どもは素直で純粋でまっ白な存在です。わがままでもあるでしょう。それを社会的に順応できるように躾けていくのが親の愛情ですね。
 子どもはそれを栄養にしてすくすくと育ち、考える力も身に付けるようになります。日常の基本的なことやマナーは、親が手本となったり、根気強く言い続けてくれることなしには習慣づかないと思います。きへあさんはご両親の躾けによって、身だしなみを正すことができ、段取りのできる女性に育ってきました。まだ、段取りは修行中ですね。料理をしていくと段取り上手になるそうですよ。
 また、そういった愛情が、その人が如何に愛にあふれた生き方ができるかに関わってきます。幼い頃の生育状況はたいへん重大で根本的な意味を持つのですね。だからこそ、本音のつきあいやコミュニケーションを皆が望んでいるのです。
 たしかに生まれ持った素養はあります。教育の格差といった違いもあるでしょう。しかし、優しいだけでなく厳しさもあわせ持った家庭での教育がいちばん大切です。それをさらに一般化して「歴史と言う親が英雄をうむ」とまとめたのは、すばらしいです!


毎月の学年別「森リン大賞」作品集森リンの丘 
 自動採点ソフト「森リン」で上位になった作文を掲載しています。
 しかし、子供たちの実力はそれぞれ個性的です。上手に書けている子の作文を見せて、自分の子供の作文と比較しないようにお願いします。

作文教室受講案内   無料体験学習   作文講師資格 
Online作文教室 言葉の森  「特定商取引に関する法律」に基づく表示」  「プライバシーポリシー」 
お電話によるお問合せは、0120-22-3987(平日9:00-20:00)