秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 6-8歳で形成される日本語脳
▽ひとつ後の記事 中国から離れ、日本の文化創造に目を向けよう

 
日本語脳と暗唱の仮説  2010年9月22日  No.1023
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1023      





 日本語脳というのは、自然の音や感情の動きを、左脳という言語脳で処理する仕組みを持った脳のことです。世界中で、日本人とポリネシア人だけがこの日本語脳を持っているため、日本の文化は世界のどの文化と比べても異質な面を持っています。

 ところが、この日本語脳は、遺伝的なものではなく、子供時代に日本語の環境にいたかどうかで決まってくるものであり、その適齢期が6歳から8歳であることがわかってきました。


 ここから、日本語脳と暗唱の学習について、いくつかの仮説が考えられます。

 まず第一は、6歳以前の学習には意味がないということです。幼児期に英会話を習う人も増えていますが、6歳以前に習得したものは、たとえそれが外国の環境で習得したものであっても、環境が変われば数ヶ月でなくなってしまうようです。日本に住んでいながら、外国語の学習をするとなると、その効果は更に一時的なものになると思います。6歳以前は、勉強という知的なことをするよりも、もっと感覚的、身体的なことを身につける時期なのだと思います。


 第二に、日本語脳が形成される6歳から8歳の時期の過ごし方です。この時期は、日本にいる日本人の子供にとっても、暗唱の適齢期のようです。言葉の森でも、暗唱の練習が最もスムーズにできるのが、この小1から小3にかけてです。これは、日本語脳が形成されるという成長の時期と、暗唱の学習がぴったり合っているからだと思います。

 今後増えることが予想される外国人移民の子供の教育についても、この6歳から8歳の時期にいかに日本語脳を形成させるかという観点から取り組む必要があると思います。

 一方、日本人でありながら、この時期海外で暮らさなければならない子供は、かなり大きなハンディを背負うことになります。6歳から8歳の3年間をたまたま海外で過ごしたために、コオロギの声や風の音を雑音としてしか処理できない感性の持ち主になってしまうからです。

 それは、逆に言えば、論理と感情をすっきり使い分ける西欧語脳を身につけることにもなりますが、日本人の親で、自分の子供がそのような西欧的な人間になってほしいと思う人はまずいないと思います。


 そこで、私は、日本語脳の形成を助けるのに、暗唱の学習が使えるのではないかと考えています。日本語脳と西欧語脳を分けるものは、日本語に含まれる母音という音声です。6歳から8歳の子供がアメリカで暮らしていれば、学校でも地域でも、友達と話す会話は英語です。その英語の量を上回るほどの日本語を家庭で話すことはまずありません。日本人はもともとおしゃべりではないので、家庭での日本語に接する方法は、主に読書などになると思います。そのため、海外で暮らす日本の子供は、家庭でいくら日本語を使うようにしても西欧語脳になってしまうのです。

 これをカバーするためには、母音のある日本語を、英語よりも数多く音声として使うことです。暗唱は、普通の会話よりも短時間で密度の濃い日本語音声との接触の機会になります。また、暗唱は意味を理解して読む必要は特になく、音声だけを自分で言って聞けばいいのですから、6歳から8歳でまだ日本語の読書が不自由な子でも十分に取り組めます。

 言葉の森では、今後、アメリカで通学指導を行う予定があるので、早速暗唱の自習がアメリカ在住の子供たちにどれぐらい効果があるのか確かめてみたいと思っています。この実験の結果、6歳から8歳の日本人の子供が、海外にいながら日本語脳を形成することができれば、海外に赴任する同じ年齢の子供たちを持つ親にとって朗報となると思います。

 しかし、この実験を行う際、脳の機能をイメージングする機器や技術者が必要になります。ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、ご連絡くださるようお願いいたします。


 さて、第三に、バイリンガルになるための最適な年齢は何歳かということです。6歳から8歳の日本語脳を形成する時期に日本人が例えばアメリカで英語を身につけてしまうと、西欧語脳のバイリンガルになってしまいます。日本語以外はすべて西欧語脳になるからです。6歳から8歳の時期は確実に日本語脳を形成し、そのあとに英語や他の言語を習得する必要があります。すると、その時期は9歳ないし10歳から、13歳ないし14歳にかけてになると思います。

 逆に言うと、海外にいかなくても、日本でもこの時期に集中的に外国語を学ぶことが大事だということです。そして、言語は音声ですから、英語の文章の暗唱などが小学校高学年から中学生の時期にかけて効果があるのではないかということが考えられます。


 第四に、では、14歳を過ぎてからの、音声による脳機能の変化はないかということです。塙保己一は18歳で般若心経の暗唱を始めました。本多静六がドイツ語の文献の集中的暗唱をしたのは20歳前後でした。話はかなりさかのぼりますが、空海が虚空蔵求問持法の暗唱を始めたのも20歳前だったと思います。これらを見ると、この時期の集中的な暗唱が脳の機能に影響を及ぼすのではないかということが考えられます。しかし、これはまだ実験データがないので、これからの研究課題にしたいと思います。


 こんなことばかり考えているから、肝心の仕事が進まない(笑)。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本語脳(15) 

コメントフォーム

日本語脳と暗唱の仮説 森川林 20100922 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


小4母 20100922  
私の夫の大学時代の友達や、会社関係の友人で、海外駐在を経験している人がいます。
夫の話では、やはり小さい頃に海外生活していても、日本に戻ってきてそのままずっと
お子さんが英語を話せるかというと、まったくいなそうです。小学校時代6年間在住
していてもです。
 
夫は、社会人10年経験後、アメリカのビジネススクールで勉強しました。
帰国後、社会人の英語論文の指導についたり、香港で働いた経験があり、現在は、
日本で働いていますが、電話・メール・会議すべて英語をつかう立場にいます。
最近、会社の若い男性や女性に「どうしたら英語が上手になるでしょうか?」と聞かれる
そうです。みんな英会話学校に行ったりしてがんばっているけど、なかなか上達しなくて
悩んでいる人が多いです。夫は、「英語を勉強するまえに、もう少し読書をしてほしいなあ」
と思うそうです。まず、たくさん読書をして、きちんとした日本語の文章を書けるように
なってから英語に目を向けてほしいと願うばかりだそうです。
もちろん、まだ、日本語も話せない0歳児、1歳児を英会話学校に通わせるのも反対しています。やはり、小さい頃からの絵本の読み聞かせ、家族との対話など日本語力はとても
重要に思えます。私自身、結婚するまで、大手総合商社で働いていた経験があり、
もちろん、事務職でもそれなりの英語力が必要でしたが、やはり読書や文章力の重要性
をとても身にしみています。

 テレビゲーム・DS・携帯電話・テレビなどにかこまれている今、言葉の森はとても
ありがたく思います。娘が言葉の森をはじめてから、まる一年が経ち、この一年で家族の
対話が増え、テレビは決めたものだけ見る、ゲームは1時間だけ、という我が家のルールができつつあります。

 それから、前にテレビで、海外駐在ではなく、外国でずっと生活している少し裕福な
家庭が何世帯か紹介されていた番組がありました。みなさん、子供が中学生、高校生くらいになると、きちんとした日本語や日本文化などを勉強させるために子供たちだけを日本に一時帰国させていました。
今後、海外に言葉の森の教室ができれば、日本語の読み書きの重要性が伝わると思います。

ながながと書いてしまいました。 すいません。


森川林 20100922  
 貴重なご意見をありがとうございました。

 そうなんです。自分でしっかり勉強をした経験のあるお父さんやお母さんは、子供をあまり小さいころから勉強であおらないようです。「やるときはやる」ということがわかっているからです。

 しかし、現代の子育ては、ゲーム機などの誘惑が多く、かなり難しいです。また、学習塾なども、得点を上げるテクニックや競争が多く、長い目で見るとかえって子供をスポイルするようなところがあります。

 やはり、家庭で子供と両親が知的な対話をする機会を増やしていくのがいちばんだと思います。

 言葉の森では、しばらく前から暗唱の自習に取り組んでいるため、課題の長文の音読はいま力を入れていませんが、本当は課題の長文をお父さんやお母さんの前で音読し、その長文をもとにいろいろ話をしていくと楽しいと思います。

コロコロコローリ 20100924  
 日本語脳についての記述を大変興味深く拝読しました。

 若いころ、ドイツに住んでいたことがあります。春から初冬にかけて、農家の離れに暮らし、秋には友人たちと庭で食事をしたり、近隣の村々のワイン祭りへ出かけたりしました。まわりには常に虫がわんさかいる環境であったのにもかかわらず、虫の音についての記憶が全くありません。おそらく、虫の音
に注意せずに過ごしていたからではないかと思います。
 虫の音が聴こえるか聴こえないかについては、脳の働きだけでなく、聴こうとするかどうかの意思も重要なポイントではないかと思います。(学術的な根拠は一切ありません。)
 言葉の森の作文の、季節にかかわる課題は、子供の情緒を養うよい機会だと、改めて思いました。

森川林 20100924  
 なるほど。まわりの環境がそうだと、聴こうとする気持ちにならないのですね。
 日本人どうしの場合は、たぶんだれかが、「あ、コオロギの声」などと言い出して、みんなで「秋だねえ」などと相槌を打つのではないかと思います。
 季節や行事の課題は、うまく使うと、家庭の文化作りに生かせるかもしれませんね。

akko 20100925  
海外にて作文教室を開いている者としては、漢字が難関だと私は感じます。家庭では日本語、学校では英語で生活している子供ですと、英語、日本語とも発音はほぼ完璧です。
でも、日常生活で漢字を目にしない、(例えば、看板、道路標識、お菓子のパックや、アニメキャラクター、教科書、まんが本でも英語)となると、教える方も一苦労です。見慣れていない、って、大変だなぁと思っています。
バイリンガルとは、会話、読み、書きができるということですよね?でも、両国の文化や歴史も知らないと、知的なバイリンガルにはなれないだろうなぁ。



森川林 20100925  
 akkoさん、コメントありがとうございます。

 なるほど、日本語の文字環境にいないと、漢字が苦手になりやすいんですね。
 漢字というのは、できる人はできて当然ぐらいに思っている一方、できない人はそうは思わないというギャップの強い勉強です。
 それは、漢字が単なる知識ではなく、思考のツールとして無意識のうちに使われているからだと思います。
 漢字の勉強は、簡単にできると思わずに、本腰を入れて取り組む必要がありそうです。
 言葉の森でも、これから漢字の学習について(それから書写の学習について)研究していきたいと思っています。

touko 20170216 77 
日本語脳が形成されることで、日本語が母語になるのだと思います。やはり8歳位までの幼少期の過ごし方が大切ですね。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」