読む力書く力をつける言葉の森の読書作文教育 書を持って街に出よう 作文の勉強が親子バトルにならないようにする方法 森林プロジェクトの作文資格講師講座の料金改定前の受講申し込みは9月20日締め切り 国語力は忘れたころについてくる

記事 3044番  最新の記事 <一つ前の記事  2017/9/19 
「作文が全然書けないんです」という相談
森川林 2017/09/19 07:26 

 「作文が全然書けないんです」という相談を、小学校1、2年生の子のお母さんからよく受けます。

 学校から宿題で出された作文が、全然書けないと言うのです。

 なぜ書けないかというと、いちばんの原因はこれまでに作文を書いたあと、たくさん直されたり注意されたりしたことがあったからです。

 子供はもともと無邪気なものですから、間違っていようが正しくなかろうが何でも自分の力でやりたいと思っています。

 それが作文の場合にそうならないのは、かつて作文を書いたことがあり、それを自分が予想もしていなかったところで、たくさん注意されるようなことがあったからです。

 小学校1、2年生で本をたくさん読んでいる子であれば、比較的正しい作文はかけます。

 しかし、ほとんどの子は、書けば、必ず間違ったところやおかしいところが出てきます。

 では、作文が書けない子に対してどうしたらよいかというと、まず作文が書けないという状態を続けてはいけないのです。

 子供が作文用紙を前にして途方に暮れている様子を、近くにいるお母さんが見ているだけで、そのままにしておけば、作文に対する苦手はその途方に暮れている時間に比例して大きくなっていきます。

 子供が作文が書けないときは、すぐに手助けをしてあげるのです。

 その手助けは、例えば、近くにいるお母さんが口頭で書くことを言ってあげることです。

 そして、言ったとおりに書けたら褒めてあげるというやり方でよいのです。

 何しろ書くという作業をに入ることが大切で、それを自分でやらせるということはそのあとの問題です。

 これは、自分が子供の立場になってみればわかることです。

 何かができないで困っているとき、その状態を続けるのは苦痛です。

 手助けをしてくれる人がいれば、心からうれしく思い、やがて自分の力でできるようになりたいと思います。

 手助けしてくれる人がいるから、自分はこれからもできなくていいやと思うような子はいません(笑)。

 それは、子供は、というよりも人間は、誰でも自分の中に向上心を持っているからです。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
家庭で教える作文(55) 小学校低学年(79) 

記事 3043番  最新の記事 <一つ前の記事 一つ後の記事> 2017/9/19 
読む力書く力をつける言葉の森の読書作文教育
森川林 2017/09/18 06:33 


 作文力のいちばんの基礎になるものは読書力です。
 その読書力をどのように発展させるかについて述べていきます。

 まず第一は、幼児期からの読み聞かせです。読み聞かせは、耳から入る読書です。

 本は目で読むだけではなく、耳で聞くことによって、その文章を理解し考える力が育ちます。
 聞くことで読む力を育て、それがその後の自分で読む力のもとになっていくのです。

 この読み聞かせを、親がするだけでなくオンラインの読み聞かせサークルのようなものを作って進めていくこともできます。
 以前、読書実験クラブという企画で、科学の本の読み聞かせをしていましたが、子供たちは皆熱心に聞いていました。
 これを今後、森林プロジェクトの企画などで広げていきたいと思っています。
 第二は、自分で本を読めるようになった時期の子供の読書の習慣作りです。

 子供たちの中には、家庭で読書をする習慣のあまりない子もいます。
 読書は学校でするものではなく、家庭で本を読む時間を確保しなければ、読書力は育ちません。
 ところが、自分で読むことにまだ慣れていない時期の最初の習慣作りがなかなかできない子もいるのです。

 以前、やはり本をほとんど読まない小学2年生の子がいました。家庭の中に、本自体がないのです。
 その子に、自主学習クラスで、勉強のあとに読書というやり方をしたところ、それまで全く本を読む習慣のなかった子が、少しずつ本を読むようになり、やがて何も言わなくても勉強のあとに本を読むという習慣ができていったことがあります。

 親でなくても、誰かが見ていてくれれば、本を読むようになり、それが毎日続けば習慣ができるのです。
 この自主学習クラスによる読書も習慣作りも、今後、森林プロジェクトの企画として取り組んでいきたいと思っています。

 第三は、読書の内容やジャンルを発展させる方法で、これは現在思考発表クラブでやっているような子供たちによる読書の紹介が役に立ちます。

 小学校中学年以上の子供たちは、同じ学年のほかの子がどんな本を読んでいるかということに関心を持ちます。
 この子供どうしの関心を利用して、読者のジャンルを広げていくのです。
 これも、今後広げていきたいと思っている企画です。

 第四は、難しい文章を読む力をつける読書で、具体的には入試問題レベルの本も楽しく読めるようになることです。

 これは、小学校高学年以上の感想文課題の長文の音頭や、問題集読書の音読を続けることで基本的な力をつけていくことができます。

 子供たちがなぜ難しい本をなかなか読まないかというと、意味のわからない初めて見る言葉が次々と出てくるからです。
 こういう言葉に慣れることが、難しい文章を読む力をつけます。
 この難しい文章を読む力は、小学校高学年から、中学生、高校生へと段階的に発展させていく必要があります。

 第五は、実際に難しい本を読む機会を作ることで、これは主に高校生大学生の読書教育になります。

 具体的な例で言うと、中公新書や岩波新書のような本で、自分の関心のあるテーマについての理解を深めることと、岩波文庫の青帯や白帯のような古典と言われる本を読む力をつけていくことです。

 特に、古典を読む力は、学生時代につけなければ、その後読む機会はまずありません。
 学生時代は、易しい本を10冊読むよりも難しい本を1冊読むという時期で、これがその後の教養の土台になっていきます。

 このように、幼児期の読み聞かせから高校生大学生の古典読書まで、長期間の読書と作文の教育によって読む力と書く力をつけていく展望でこれからの教室運営していきたいと思っています。

この記事に関するコメント
コメントフォームへ。

同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森のビジョン(51) 森林プロジェクト(50) 読書(95) 
メルマガの配信
▼バックナンバー
○一般用 ダイジェスト版
○生徒用 完全版

Facebookページ
言葉の森作文ネットワーク
いいね! 16,011件
新着コメント1~10件
「作文が全然書 nane
 低学年の子のお母さんで、「作文が苦手で 7:39
「作文が全然書 森川林
 勉強を教えるときに大事な姿勢は、子供は 7:34
読む力書く力を nane
 小学生の読書率は上がっているのに、高校 9/18
読む力書く力を 森川林
 幼児期によく読み聞かせをしていたのに、 9/18
書を持って街に nane
 幼児期や小学校低学年のころは、多くの子 9/17
書を持って街に 森川林
 ひとくちに読書といっても、いろいろなジ 9/17
作文の勉強が親 nane
 事前指導をもとに事後評価をすれば、子供 9/16
作文の勉強が親 森川林
 事前に教える目標がないのに、事後の評価 9/16
森林プロジェク 森川林
 近いうちに、森林プロジェクトの交流会と 9/15
国語力は忘れた nane
 国語力は、ある程度難しい文章を繰り返し 9/15
……次のコメント

オープン教育 1~10件
オープンの川
過去の記事

過去の1~30件目を表示
■「作文が全然書けないんです」という相談 9月19日
■読む力書く力をつける言葉の森の読書作文教育 9月18日
■書を持って街に出よう 9月17日
■作文の勉強が親子バトルにならないようにする方法 9月16日
■森林プロジェクトの作文資格講師講座の料金改定前の受講申し込みは9月20日締め切り 9月15日
■国語力は忘れたころについてくる 9月15日
■作文は人に見てもらうことでうまくなる 9月14日
■作文は準備のときに考える――将来の目標は10分1000字作文 9月13日
■作文はできることに力を入れるから楽しく書ける(2) 9月12日
■作文はできることに力を入れるから楽しく書ける(1) 9月12日
■見えるのは結果だが、身につくのは過程 9月11日
■未来の教育作り――言葉の森の今後の方針 9月11日
■1677万色の自然 9月10日
■幼児期からの英語教育より、日本語の土台を作ること 9月10日
■小学1、2年生の作文は、書くことよりも読むことに力を入れる 9月9日
■森林プロジェクト9.9説明会のご案内 9月8日
■低学年の勉強は、能率第二、納得第一で 9月8日
■公立中高一貫校受験という選択(2) 9月8日
■真面目な先生より面白い先生――子供が勉強に熱中するとき 9月7日
■公立中高一貫校受験という選択(1) 9月7日
■勘違いの勉強のさせ方――自分の力でやらせようとする 9月6日
■小学1年生は勉強の仕方を確立する大事な時期――間違いは褒めて直すもの 9月5日
■小学4年生が反抗期の始まり=自立の始まり 9月4日
■分かりやすい映像の授業で思考力が低下する――考える力は文章を読むことによって育つ 9月3日
■小学校低学年の日記の宿題を国語力アップに生かす 9月2日
■中学生になって本を読まなくなるのは、小学校高学年のころの読書のあり方に遠因 9月1日
■森林プロジェクト問い合わせの人にお送りした「読書感想文の書き方」に多数の誤字と文字化け 8月31日
■人口の教育から自然の教育へ 8月31日
■上達にいちばん時間のかかるのが作文(2) 8月30日
■2020年入試改革に対応した学力はどのように評価されるか(2) 8月29日
……前の30件
HPの記事検索
ホームページの全記事

 言葉の森新聞

Google+ページ
言葉の森作文オンエア

Twitter
言葉の森@kotomori

RSS
RSSリーダー

代表プロフィール
森川林(本名中根克明)

講師ブログ
言葉の森の講師のブログ

算数の通信教育
できた君の算数クラブ

カテゴリー
全カテゴリー
ICT教育(1)
遊び(6)
新しい産業(23)
暗唱(121)
生き方(41)
息抜き(19)
いじめ(1)
インターネット(25)
英語教育(10)
オープン教育(24)
親子作文コース(9)
オンエア講座(41)
オンエア作文(2)
音声入力(10)
音読(22)
外国人と日本語(4)
科学(5)
学問コース(1)
学力テスト(2)
合宿(14)
家庭学習(92)
家庭で教える作文(55)
漢字(17)
帰国子女(12)
教育技術(5)
教育論文化論(255)
教室の話題(26)
行事と文化(1)
ゲーム的教育(4)
合格情報(27)
高校入試作文小論文(10)
構成図(25)
公立中高一貫校(63)
国語問題(15)
国語力読解力(155)
子育て(117)
言の葉クラブ(2)
言葉の森サイト(41)
言葉の森の特徴(83)
言葉の森のビジョン(51)
子供たちの作文(59)
作文教育(134)
作文検定試験(4)
作文の書き方(108)
算数・数学(22)
自習検定試験(10)
自習表(5)
自然災害(1)
実行課題(9)
質問と意見(39)
受験作文小論文(89)
小学校低学年(79)
森林プロジェクト(50)
政治経済(63)
生徒父母向け記事(61)
生徒父母連絡(78)
全教科指導(2)
センター試験(7)
創造が価値の源泉となる社会(9)
大学入試(14)
対話(45)
他の教室との違い(22)
知のパラダイム(15)
中学生の勉强(21)
中高一貫校(11)
寺子屋オンエア(101)
読書(95)
読書感想文(19)
読書実験クラブ(9)
友達サイト(7)
日本(39)
日本語脳(15)
発達障害(1)
東日本大震災(15)
facebook(29)
facebookの記事(165)
プレゼン作文発表会(20)
プログラミング教育(5)
勉強の仕方(119)
未来の教育(31)
MOOC(2)
無の文化(9)
メディア(8)
森の学校オンエア(2)
森リン(103)
問題集読書(33)
読み物(1)
四行詩(13)
未分類(378)

QRコード






 
小学生、中学生、高校生の作文(2007年4月まで)
小学1年生の作文(9) 小学2年生の作文(38) 小学3年生の作文(22) 小学4年生の作文(55)
小学5年生の作文(100) 小学6年生の作文(281) 中学1年生の作文(174) 中学2年生の作文(100)
中学3年生の作文(71) 高校1年生の作文(68) 高校2年生の作文(30) 高校3年生の作文(8)
手書きの作文と講評はここには掲載していません。続きは「作文の丘から」をごらんください。