△ひとつ前の記事 農業革命、産業革命、教育革命
▽ひとつ後の記事 日本と中国は争わない道を選べ

 
本当の豊かさのための教育  2010年9月29日  No.1028
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1028      





 農業時代、工業時代のあとに来る社会を、これまでは、修行社会とか、文化産業の時代とか、教育革命の時代とかいろいろな形で書いていましたが、今回は、それらをまとめてポスト工業社会の時代という言葉で書いていきます。

 社会が、農業→工業→ポスト工業へと進むにつれて、生産力の概念が変わってきます。それは、価値の中身が変わるからであり、豊かさとしてイメージするものが変わってくるからです。

 豊かさとは、その人が何を求めているかによって変わってきます。飢えている人にとって、米倉(こめぐら)が豊かさの象徴です。これが農業時代の豊かさのイメージでした。

 工業時代には、消費財の豊富さが豊かさの中身でした。そして、この工業時代には、工業生産のための資金が重要だったので、資本=お金も豊かさの象徴でした。この工業時代に、今突入しているのが発展途上国なのです。

 しかし、先進国では、豊かさの中身はもはや消費財ではなく、自己の向上のようなものに変化しています。このポスト工業時代に必要なのは、資本ではなく創造的な研究開発つまり独創性です。そして、独創性は、投下した資本の量に比例しません。

 だから、工業時代からポスト工業時代に移行するとき、企業は株式会社という組織である必要はありません。また、上場して資金を集めやすくする必要もありません。むしろ、資本によって他からの支配を受けないようにするために、工業時代の組織から抜け出る方がいいのです。

 では、なぜ、今工業時代からポスト工業時代に向かっているはずの日本で、豊かさの実感がないのでしょうか。それは、日本人が、自分たちの本当に消費したいポスト工業的なものを生産せずに、依然として工業時代の生産を行っているからです。

 以前、「中国から離れ、日本の文化創造に目を向けよう」という話を書きましたが、工業時代に突入しようとしている途上国の消費の量に目を奪われて、それに合わせた生産を行おうとすればするほど、日本は豊かさの実感から遠ざかることになります。

 日本は、過去の工業時代の生産から離れて、自分たちが本当に求めているポスト工業時代の生産に向かう必要があります。それが、「日本の文化創造に目を向けよう」ということです。そうすれば、突然日本の中でお金が回るようになり、新しい豊かな社会が生まれてくるのです。

 そのときの消費は、工業生産物の消費ではなく、より文化的な消費になるでしょう。消費というよりも、文化的な自己向上そのものが消費の中身になっていくのです。

 そのために必要な教育は、幅広い教養、自分の好きなものを発見する力、そしてそれをビジネスとして組み立てる力を育てるものになるでしょう。

 これからは、大きな会社に勤める時代ではなくなってきます。今の大会社の多くは、工業時代の会社です。それは、第三次産業の会社である場合もありますが、その場合でも、工業時代の社会に合わせた第三次産業の会社です。それらの会社は、これから常に人件費削減のベクトルを伴って運営されていくようになります。現実にリストラに合うということはないとしても、人件費の削減が経営の柱になる会社で仕事をすることは、あまり幸福なことではないでしょう。

 これからの社会は、自分で起業する、又は家族で起業するような人が増える社会になってきます。この場合、その会社では、商品を売るのではありません。商品を売る会社であれば、工業時代の会社で規模の大きい方が有利ですから、新たに個人が起業する余地はありません。ポスト工業時代の会社は、商品を売るのではなく、自己の向上を目指す顧客がサービスを受けにくるという形の会社になります。

 このポスト工業時代に必要な教育は、工業時代に必要だった教育とある面で重なっています。しかし、重なっていない部分もあります。重要な教科をしっかり勉強するというのは、工業時代にもポスト工業時代にも必要です。しかし、ポスト工業時代には、それに加えて、受験には直接関係のないような科目も含めて幅広く勉強することと、自分の好きなことをできるだけ早く発見することが重要になってくるのです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 

 コメント欄

daikaisui 20100929  
ポスト工業社会ですか。

 工業社会が人間的、自然的な方向に変化あればと思うのですが、フイーリングだけで、具体策は浮かびません。

 自然と共存できる工業社会であってほしいものです。

森川林 20100929  
 今、工業社会に済む私たちが、例えば、「農業の生産力が2倍になった」と言われても、それで自分たちの生活が豊かになる感じはしません。農業は、人間の生存に必要な産業ではあっても、既に過去の産業だからです。
 同じように、工業における技術革新も、先進国においては、それが自分たちの豊かさや幸福度を増進するものとしては受け止められなくなりつつあります。それは、先進国の人たちの欲望が、工業生産物を超えたものに向かっているからです。
 だから、今、発展途上にある中国やブラジルが、工業生産物を豊かの基準と感じて旺盛な消費を行っているとしても、日本まではその消費に合わせようとする必要はありません。
 しかし、日本の企業はこれまでの成功体験の延長で、「アメリカの消費が終わったから、次は中国だ」と勘違いしているのです。本当は、アメリカと同じように、中国もアメリカの過去をなぞっているだけです。
 だから、日本のすることは、中国から離れて、自分の国の新しい文化創造に目を向けることなのです。
コメントフォーム

本当の豊かさのための教育 森川林 20100929 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」