秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 プレゼン作文発表会始まる
▽ひとつ後の記事 プレゼン作文発表会終わる――全体的な経験が意欲を育てる

 
プレゼン作文発表会続く  2013年10月26日  No.1964
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1964      




 facebook記事より。

====

 作文は、文章で表現することですから、文章はそのための手段です。
 では、何が目的かというと、その文章によって伝えたい中身です。

 だから、その中身をよりよく伝えるために、文章以外の絵や音楽があってもいいのです。(※)

 そういう意図で始めたのがプレゼン作文発表会です。

 今回は初めての試みなのでどうなるかと思ったら、どの子も、すばらしい発表をしてくれました。

 しかも、小学1年生から中学3年生までが共通の場で発表するので、異なる年齢による話の広がりがまた面白い。
 (生徒には高校生もいますが、今回は受験生も多かったので、発表会には参加していません。)

 みんな、上手に発表できることがわかったので、今後は、このプレゼン作文発表会に合わせて、普段の作文にも絵や写真をできるだけ用意しておくように勧めたいと思います。
 そうすると、作文の記録自体が、子供たちのいい記念になるでしょう。

 発表会は、来週の月曜日まで続きます。
 ちょうど台風の風雨をうまくくぐるような感じで発表会ができそうです。


(※)
 厳密に言うと、文章は単なる手段ではなく、文章によって中身が生まれる面もあります。
 だから、発表の中心になるのはやはり文章的なものになると思います。

====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
プレゼン作文発表会(20) 

コメントフォーム

プレゼン作文発表会続く 森川林 20131026 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」