秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 勉強は誰でもできて当然――新しい教育システムの提案
▽ひとつ後の記事 オンエア講座「公立中高一貫校受験作文講座」4月27日の動画と資料

 
オンエア講座「読書感想クラブ」の動画  2016年4月26日  No.2575
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2575      




 本日の「読書感想クラブ」の前半部分の録画です。
https://www.youtube.com/watch?v=z8eETrCLV6M

 後半は、参加した生徒からの「今読んでいる本の紹介」なので録画していません。

 将来は、この後半部分で、希望者による「似た話のyoutube紹介」を取り入れていきたいと思っています。
 例えば、今回読んだ本は、「こんにちワニ」という言葉遊び、「ツバメ観察記」、「にているね!?」という絵本でしたから、自分なりに言葉遊びを作ったり、家の近くにいるツバメを観察したり、本質的に違うのに似ているものを探したりすることが考えられます。

 この「似た例」を探したり実験したりして発表するというのが、読書感想クラブの「感想」の中身です。

 これまでの勉強は、ある知識を理解して記憶して、再現できればテストに合格するというような勉強でした。
 しかし、そういう記憶再現型の勉強では考える力や個性は育ちません。
 インターネットの時代には、知識は誰でもすぐに手に入ります。そういう教科書的な知識を蓄積するよりも、それらの知識を使って自分なりの見方や考え方をすることが求められるようになるのです。

 自分らしさというものは、自分から進んで行動して初めて出てくるものです。
 しかし、行動には、失敗があったり遠回りがあったり試行錯誤があったりという無駄があります。
 知識を覚えるだけであれば無駄はないので、効率よく知識を身に付けることができます。
 ところが、その無駄に見える部分が、実はその子の学力ののびしろになってくるのです。

▼今回読んだ本





 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンエア講座(41) 読書実験クラブ(9) 

コメントフォーム

オンエア講座「読書感想クラブ」の動画 森川林 20160426 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


リャマ 20160428  
こんにちワニ(*ゝω・*)ノ
わたしはいつも、ただいまんぐーす♪

森川林 20160428  
 リャマさん、うまインドゾウ!


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」