△ひとつ前の記事 目の休憩
▽ひとつ後の記事 作文を樹木になぞらえる

 
「プレジデントFamily」5月号に言葉の森協力の記事  2010年3月17日  No.828
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=828      


←アマゾンで購入できます。

 今月発売の「プレジデントFamily」5月号に、言葉の森が協力した記事があります。タイトルは、「開成が問う『五〇字表現力』を養う毎日の作文」です。

 開成中学の国語の問題は、ほとんどが記述式です。選択式の問題は数えるほどで、年度によっては全くない年もあります。漢字の問題はありますが、おまけのようなもので、記述式の問題ができれば、開成の国語は攻略できます。また、選択式の問題も、解法のテクニックで解けるようなものはなく、全部の内容を読み取っていないと正解にならないような選択式の問題になっています。

 開成の国語が記述中心なのはなぜかというと、東大の国語もすべて記述式だからです。

 大学入試センター試験は、四問選択式ですが、選択式問題は、作成者がどれほど工夫して作っても満点をとる子が続出します。記述式は、採点の手間はかかりますが、受験生の実力がかなり正確に出ます。もっと正確に出るのは作文ですが、これは採点の手間がかかるので、入試で本格的に取り入れているところは、あまりありません。

 さて、東大型の記述中心の国語問題は、言葉の森の生徒なら超得意です(笑)。毎週、長文を読んで600-1200字の小論文を書いているので、問題文を読んで50字から100字程度の文章に意見をまとめるというのは、苦もなくできます。時間が余って困るぐらいです。(国語の問題に関してだけですが)

 記述力をつけるのに必要なのは、語彙と発想と慣れです。語彙については、今月の「プレジデントFamily」の記事が参考になると思います。発想については、家庭での対話が大事です。慣れについては、書く時間を増やすことです。

 ぜひ、今月号の「プレジデントFamily」を書店で立ち読み、ではなかった、書店で購入して、今後の勉強の参考にしてください。「ノート大解剖」の特集もあってお買い得です。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
() メディア(8) 

 コメント欄
コメントフォーム

「プレジデントFamily」5月号に言葉の森協力の記事 森川林 20100317 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」