暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 頭をよくする作文の勉強(その2)
▽ひとつ後の記事 笑いのある対話と勉強を

 
頭をよくする作文の勉強(その3)  2011年1月11日  No.1120
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1120      





 言葉の森の作文の勉強が、書く力だけでなく読む力をつけるというのは、暗唱という読む勉強があるということ以外にもさまざまな理由があります。

 例えば、感想文の課題が小学校3年生からあるというのもそうです。

 一般に、感想文がしっかりした内容で書けるのは、小学校5年生になってからです。5年生になると、物事を構成的に考える力がついてくるとともに、感想も単なる個人的な感想から、より大きくとらえた感想が書けるようになります。だから、感想文の指導は、小学校高学年になってから始めた方がいいのです。

 しかし、現実に、学校では小学校低学年から感想文の宿題を出すところがあります。夏休みの感想文にも、低学年の部があります。

 こういう状況で、子供たちが感想文の書き方に困らないように、言葉の森でも、小学校3年生から感想文の書き方の形を教えています。その感想文を書く際のもとになる文章は、1000字程度の長文です。この長文を読んで感想文を書くためには、長文を読んで自分なりに似た話を見つけることが重要になります。

 文章を読んで自分なりの似た話を見つけるというのが、文章の深い読み方につながります。

 ところで、子供は、似た話というのをなかなか見つけることができません。それは、ひとつには、似た話を見つけるという発想力を問うような勉強を普段していないからです。また、もうひとつには、子供自身が人生の経験が少ないので、似た話を自分の体験からなかなか見つけられないという事情もあります。

 ここで、登場するのが、お父さんやお母さんの似た例です。

 言葉の森では、子供たちの作文の題材を立体的にするために、自分の体験だけでなく、親に取材した話も書くように勧めています。感想文の場合は、特にこれが重要で、長文の似た例を親が話してあげると、感想文の内容がぐっと豊かになります。

 このように、似た例を通して文章を読む力がつくとともに、両親と対話をすることによって考える力がついてきます。子供の思考力は、大人との対話によってつくのです。

 思考力のある子は、作文を書いたときに、感想の部分を自分なりに詳しく書く傾向があります。逆に、思考力の乏しい子は、作文を書いたときの感想が、「楽しかった」「面白かった」のような単純なものになる傾向があります。

 作文を書く前の取材でお父さんやお母さんと対話をすることによってこの思考力をついてくるのです。(つづく)
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森の特徴(83) 

 コメント欄
コメントフォーム

頭をよくする作文の勉強(その3) 森川林 20110111 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」