言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 5月5日19:02にファクスを送られた方
▽ひとつ後の記事 言葉の森のクラウド論4

 
言葉の森のクラウド論3  2011年5月6日  No.1265
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1265      





 連休中は、クラウドの話ばかり考えて、頭がクラウド状態でした。という冗談はさておいて。


 クラウドというと、定義があいまいなこともあって、多くの人は、自社サーバーで行っていたサービスを、アマゾンやグーグルなどのサーバーを使う形に切り替えるぐらいに思っているのではないでしょうか。

 表面的には、そういう現れ方をしていますが、前回にも書いたように、クラウドの本質はもっと別のところにあります。

 それは、これまで境界があり、その境界によって差ができていた世界が、クラウドに包まれることによってその境界をなくしてしまうことを意味しています。


 これまでの社会では、差というものが経済活動の動因になっていました。差を生み出していた人為的な境界がとりはらわれることによって、人間の社会がより自然に近い社会に近づいているというのがクラウドの意味です。

 例えば、インターネットの技術の発達によって、これまでアメリカなどの本国にあったコールセンターがインドに移ったとします。アメリカの消費者が電話をして説明を聞くところは、アメリカではなくインドなのですが、その違いは消費者には感じられません。このことによって、アメリカのコールセンターに勤めていた人はインドの人に合わせて賃金が低下し、インドの人はアメリカの人に近づく形で賃金が上がります。通信技術というクラウドが、アメリカとインドという場所の境界を消してしまったということです。


 この考えを延長すると、今まさに政治と経済の大きな地殻変動の起きる前夜にいることがわかります。例えば、インターネット書店の最大手はアマゾンです。アマゾンは、本以外の物品も販売するようになりました。楽天もヤフーショッピングも、インターネットで物品を販売しています。

 これまでは、どの会社がどれだけのシェアを持っているかということが重要でした。しかし、クラウド化が進行すると、1位と2位の差の意味がなくなってきます。消費者はクラウドの雲の中で、ひとつの物品を買おうとします。しかし、その消費者は、楽天で買おうとかアマゾンで買おうとヤフーで買おうとかいう選択をすることなく、ただ物品を購入するという行動をとるのです。消費者には、その物品がどこから提供されているかという違いはわからないし、わかる必要もありません。

 そして、更に言えば、消費者は、インターネットの商店で商品を検索したあと、近所のお店でその商品を買う可能性があります。アフターサービスの必要な商品などは、顔の見えないインターネットショッピングで買うよりも、近所の商店から購入した方が安心できるからです。


 このように考えると、言葉の森が今行っている学習指導のような仕事もクラウド化の影響を受けてきます。

 言葉の森は、オリジナルな教材を豊富に持っています。また、指導法や指導のシステムもオリジナルです。しかし、そのオリジナリティは、クラウド化の雲の中で、もはや差にならなくなっていくのです。消費者は、どこの教室で学ぶかということを意識せずに、ただ作文を学ぶという選択をするようになってきます。もちろん、教育の分野は、物品の分野に比べて、すぐには境界がなくなることはないでしょう。しかし、時代の流れは、境界の消失、差の消滅の方向に確実に向かっていきます。


 クラウド化は、経済の分野だけでなく政治の分野にも及びます。これまで人間社会で、支配する側と支配される側の差があったのは、両者の間に、金力の差、知力の差、武力の差などの差があったからです。しかし、クラウド化の進展の中で、これらの境界と差が次第になくなっていきます。

 例を挙げれば、これまで社会に影響を与えるほどの情報を発信できるのは、資本と人材と技術とブランドのある大手のマスメディアに限られていました。しかし、今すでに、影響力という点で大手のマスメディアと小さなグループや個人との差は急速に縮まってきています。場合によっては、ひとりの個人の影響力の方がマスメディアよりも大きくなることさえあります。このような、境界と差の消失が、社会のあらゆる面で広がりつつあるのです。


 しかし、クラウド化がどれだけ進展しても、最後まで残る差があります。それは、人間の個人個人が持っているリアルな時間に基づいた差です。facebookなどのソーシャル・ネットワーク・サービスは、世界中の友達とつながる可能性を提供しています。しかし、ひとりの人間が日常生活の中でつながりを持てる人数は、せいぜい50人や100人でしょう。twitterなどで20万人のフォロワーがいるという有名人もいますが、それは一方的にフォロウされているだけで、相互に交流のある関係としてつながっているわけではありません。


 だから、クラウド化の時代に、クラウドによって打ち消されない輪郭を持つものは、個人の交流です。AさんとBさんが交流する場合は、Aさんは、人間ならだれでもいいと思って交流しているわけではなく、ほかならぬBさんという個性を選んで交流しているからです。


 しかし、交流が、クラウド化の中で最後まで残るものかと言えば、そうではありません。人間は、単にコミュニケーションを欲しているのではなく、個性的なコミュニケーションを欲しています。そのためには、AさんとBさんの双方に、ほかの人にはない独自性があるのでなければなりません。つまり、AさんにAさんでなければできないような創造性があり、BさんにBさんでなければできないような創造性があるから、AさんとBさんの交流は、二人にとって意味を持つのです。


 これを、ビジネスの分野にあてはめても同じことが言えます。ある企業が存在する意味を持つのは、その企業が創造的であるからです。創造をやめたときに、その企業の価値はクラウドの中に消失してしまうでしょう。多様な創造と交流が社会のすべての成員に求められる社会というのは、決してストレスの多い社会なのではなく、毎日が新鮮な刺激に満ちた魅力のある社会でしょう。クラウド化の先には、そういう世界が広がっているのが予感できるのです。



 言葉の森のfacebookサイト「言葉の森作文ネットワーク」は下記のページです。(「いいね!」ボタンを押すと参加できます)
http://www.facebook.com/kotobanomori


 サイトの中には、現在、二つのコミュニティのグループがあります。


(1)教育の丘相談所(公開グループ。メンバーと発言を公開)
http://www.facebook.com/home.php?sk=group_170116223042821


(2)教育の丘コミュ(非公開グループ。メンバーのみ公開)
http://www.facebook.com/home.php?sk=group_163406370385262


 教育に関する相談は、何でも受け付けています。お気軽においでください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森サイト(41) 

コメントフォーム

言葉の森のクラウド論3 森川林 20110506 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


通信教育 20110509  
デザイン資格の通信教育
http://www.designlearn.co.jp

森川林 20110510  
 デザイン資格って。あまり関係ないんだけど(笑)。
 まあ、いいや。がんばってください。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」