言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 日本的なシェア文化で作る新しい作文教育
▽ひとつ後の記事 言葉の森へのご批判のブログにコメント

 
「親子で遊ぼう」グループ(facebookページの話題から)  2011年7月5日  No.1288
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1288      





 言葉の森のfacebookページには、いろいろなグループがあります。今日は、その中から「親子で遊ぼうワンワンワン」というグループの話題を介します。


 親が忙しいと、普段は子供と遊べないので、たまに休日が続くと、無理をして遠出をしてくたびれて帰ってくるというパターンになりがちです。

 そういう無理な遊び方(も、たまにはいいけど)ではなく、日常的にちょっとした工夫で面白く遊べることを考えてみるといいと思います。

 そのキーワードのひとつは、自然です。

 キャンプのようなおおげさなものでなくても、近所の公園や近くの野原で遊べるものがたくさんあります。

 そういういろいろな工夫を話していきたいと思います。


(グーグルの画像から借りてきたものですが)

 私が公園でよく遊んでいたのがこれ。太いロープが1本あれば、どこでもブランコができます。

 でも、サクラやカキのように折れやすい木でやるのは危険。だから、親が勉強してからやる必要があります。

http://www.facebook.com/photo.php?pid=130727&l=262907e144&id=100002312073035


 影絵遊び。準備がたいへんだけれど、いっしょに作れば楽しさ倍増。一度作った人形は何度も使えるし。厚めの黒の色画用紙、セロファン、割り箸で作れます。

 コツはあまり細かく切り込み過ぎないこと。昔話だけでなく、TVの戦隊もののヒーローや、人気のキャラクターも作ればおお喜び。声色を変えて演じれば、お部屋は劇場に。

 雨の多いこの季節、昼間から部屋を暗くして、近所の子供も呼んでいっしょに遊びましょう! ちょっと神秘的で、印象深く、美しい思い出になること間違いなし。


 絵をかくのが好きなお父さんやお母さんにおすすめの遊び。裏ジグソーパズル。

 市販のジグソーパズルを裏返しにして、その裏側に自分の好きな絵をかくのです。

 世界でひとつしかないジグソーパズルになります。

 私もいくつか作ったけど、今、どこにあるのかなあ。


 ペープサートって知ってる?

 紙に人や動物の絵を書いて、張り合わせ、棒につけます。裏表に絵を書くんです。それを動かしたり、裏返したりして、劇をします。簡単にできて、自由に作れてとっても楽しいです。

 人気があるのは、違うお話のキャラクターを融合させて遊ぶこと。柔軟な発想でいくらでもひろがる世界です。


 雨の日こそ、傘とカッパ・長靴でお出かけしましょう☆

家の中でじっとしていると、子どもも大人もストレスが溜まってしまいがち。

お外でかたつむり探しや、水たまり遊び、屋根から落ちる雨だれを傘で受けたり、普段とは違う遊びがありますよ。

汚れてもいい服でお出かけ→家に帰ったらお風呂やシャワーにすると、親も気が楽です(笑)


 親子で遊ぶ最も素朴な方法。おしゃべり(笑)。

 野原で横になって空を見ながら、くだらないことを面白おかしくおしゃべりします。

 その際、できるだけ知的に、しかし、面白く話すことが大事です。

 同じようなことですが、アドリブ物語作り。夜寝るときに、子供に物語を聞かせてあげますが、最初は、浦島太郎のような話で始めて、次々に話が脱線していき、最後は全く別の話になるというストーリー。登場人物の中に、近所の子などを入れると更に面白くなります。

 アドリブが難しいときは、あらかじめストーリーを考えておいてもいいと思います。



▽記事の続きは、言葉の森のfacebookページでごらんいただけます。
http://www.facebook.com/kotobanomori
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) facebook(29) 

コメントフォーム

「親子で遊ぼう」グループ(facebookページの話題から) 森川林 20110705 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」