秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 小さいころの勉強は絞って(幼長の子のお母さんから作文についての質問)(facebook記事より)
▽ひとつ後の記事 子供の未来は志が決める(facebook記事より)

 
和魂洋才から和魂和才へ(facebook記事より)  2012年1月13日  No.1400
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1400      





 和魂洋才、
 洋才を入れ過ぎて、
 洋魂気味になってきたので、
 そろそろ和才もしっかり出そう。

 例えば、三権分立、二院制、民主主義、多数決、人権など、人類が圧政を克服して勝ち取ってきた成果も、実はまだ未完成なものです。

 マスコミによって情報が操作される中で実現している民主主義が、民主主義の本来の役割を果たしているとは言えません。

 人権は人間の天賦の権利ですが、何が人権かということが多数決で決められたら、その社会は自由な社会とは言えません。

 西欧の教科書のとおりにやっているのだからいいのだというのでは、学者の世界の話になってしまいます。

 日本の国は、日本の実態にあった新しい仕組みを作っていく必要があります。

 そして、教科書丸写しではない新しい仕組みを自分たちの手で作ることができれば、その仕組みは必要に応じて、いつでも自分たちで改良していけるのです。

 そのために、とりあえず、「欧米では……だから、日本でも……」というのはやめて、「欧米では……だけど、日本では……」という言い方で、日本の特殊性を世界の普遍性に高める姿勢を持ち続けていきましょう。


 ということで、今日のテーマは、和魂洋才、そして、和才。

1、和魂洋才についてひとこと、
 又は、
2、「わ、さ、い」で五七五、
 又は、
3、何でも自由にどうぞ。


 将来、宇宙人が地球に来るとしたら、その宇宙人は、地球人がまだ知らない優れた科学技術を持っているはずです。(まあ、先の話ですが(笑))

 そのときに大事なことは、和魂宇才の精神です。

 和魂を守って、宇宙人の科学技術を吸収していけばいいのです。

 しかし、難しいのは、和魂には教典がないことです。

 和魂は、日本の自然風土と日々の生活と行事と日本語の中で、後ろ姿によって伝わっていくのです。(高倉健みたいです)


 それでは、今日も後ろ姿のいい一日をお過ごしください。(あ、もちろん前姿もね)


(写真は「SOZAIjiten」より)
 サイの後ろ姿。

 言葉の森のfacebookページ
http://www.facebook.com/kotobanomori

http://www.facebook.com/photo.php?fbid=297693446943493&l=fd1b7b98bd
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 

コメントフォーム

和魂洋才から和魂和才へ(facebook記事より) 森川林 20120113 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」