35年間の実績をふまえた言葉の森の全く新しい「オンライン作文少人数クラス」がスタートします
つづきを読む
△ひとつ前の記事 受験や入試は勝つための勉強(言葉の森作文ネットワークの記事より)
▽ひとつ後の記事 日本語は学力の基本だが、その前提としての体験と実感も大切(facebook記事より)

 
【合格速報】東京医科歯科大医学部に合格したEさんの話  2012年3月9日  No.1476
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1476      


 3月9日の朝、Eさん(高3女子)から、「前期で受かっていました」と電話がありました。
 小学生のころ、言葉の森で勉強していたEさんは、その後、私立の中高一貫校に。
 言葉の森は、もうやめていましたが、先日、突然教室に来て、「小論文の勉強を見てもらえますか」。
 聞くと、前期は数学が失敗したので、後期の小論文でがんばるということでした。
 久しぶりの小論文でしたが、書いてみると、字は下手ですが(笑)、字数も、時間も、内容も、語彙の豊富さも、しっかり合格圏内です。。(なぜか字のあまりうまくない子に、いい文章を書く子が多いのです)
 「これなら大丈夫だから」と言って、「後期の試験までに毎日1本、合計10本書くこと」と目標を指示しました。
 数日して持ってきた小論文の過去問3年間分は、しっかり書けていたので、「これなら合格」と励ましておきました。
 しかし、心の中で、前期で合格しているのではないかと思ったのです。というのは、試験の結果を報告するときに、「ここがだめだった」とはっきり間違った箇所を思い出せる子は、よくできていることが多かったからです。
 そして、9日の朝、電話が鳴って、「○○ですけど」という声を聞いたときに、結果を聞く前から合格とわかりました。
 ということで、せっかく書いた文章は使いませんでしたが、「記念にとっておいたらいいんじゃない」と言っておきました。
 ちなみに、東京医科歯科大学の毎年の小論文は、医学に関するもののほかに日本文化に関するものが必ず出ていました。幅広い教養を見るということなのでしょう。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合格情報(27) 

コメントフォーム

【合格速報】東京医科歯科大医学部に合格したEさんの話 森川林 20120309 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」