秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 熱心な勉強より長続きする勉強を
▽ひとつ後の記事 自分の足で歩く(facebook記事より)

 
道は長い。ゆっくり行こう(facebook記事より)  2012年9月8日  No.1604
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1604      





 最近、小学3年生ぐらいの子のお母さんやお父さんから、「塾の宿題が多すぎて……」という声をよく聞きます。

 小学校の3、4年生からそんなに勉強させていては、将来必ず頭が悪くなります(笑)。

 親は、よその子がやっているので不安。
 塾は、よその塾がやっているので不安。
 互いに不安の中で子育てをしているのです。

 多すぎる宿題がなぜよくないかというと、できる問題もできない問題も同じように解くので、できる問題を解く回数が多すぎる一方、できない問題を解く回数が少なすぎることになるからです。

 そして、もっと大きな問題は、勉強しているというポーズが優先されがちなので、立ち止まって自分が納得するまで考えるという肝心の中身がなくなってしまうことです。

 では、どういう勉強がいいかというと、小学生はまず勉強よりも読書を優先することです。
 そして、親子の対話のある楽しい家庭にすることです。
 そして、算数は教科書準拠の問題集を1冊用意して、できない問題が1問もなくなるまで、何度も繰り返し解くことです。

 この「できない問題を繰り返し」ということが、塾や通信講座の勉強では対応できません。
 だから、無駄とわかっていても、大量の宿題を出す仕組みになっているのです。

 最も賢い勉強法は、同じものを繰り返す家庭学習です。
 これは、教科書準拠の基礎の問題を解くときも同じ、受験用の高度な問題を解くときも同じです。

 塾や予備校は、受験前の1年間、模試で自分の位置と弱点を知り、志望校の受験情報を知るために行くところです。
 勉強は、最初から最後まで教えてもらうのではなく、わからないところだけ教えてもらうという形でやるとき、最も能率のいいものになるのです。

(中根)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
facebookの記事(165) 

コメントフォーム

道は長い。ゆっくり行こう(facebook記事より) 森川林 20120908 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」