言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 公立中高一貫校の受験対策は、家庭学習と親子の対話で
▽ひとつ後の記事 国語力をつけるための勉強法としての要約について

 
ワーキングメモリーと暗唱法  2013年3月9日  No.1761
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1761      




 暗唱をしていると、発想が豊かになってきます。
 それは、暗唱によってワーキングメモリーの能力が向上するからではないかと考えられます。

 ワーキングメモリーとは、単に覚えているだけの記憶とは異なり、その情報を保持しながら何らかの操作に用いるという記憶で、作業記憶とも呼ばれています。
 学業の成績に関係が深いのは、普通の記憶力ではなく、この作業記憶の方の記憶力のようです。

 話はちょっと変わりますが、KJ法という発想法があります。思いついたことメモしたカードを広げて眺めているうちに、それらのカードから新しいアイデアがわいてくるというものです。(くわしくは「発想法―創造性開発のために」(川喜田 二郎)を参考に)
 この場合、カードが、ワーキングメモリーの補助をする形で、ワーキングメモリーの容量を増やしているのだと考えられます。

 一方、暗唱をしていると、ワーキングメモリーを入れる容器自体のサイズが大きくなるという感じがします。
 比喩的に言うと、ひしゃくで運んでいた水を、バケツで運ぶというところでしょうか。

 だから、暗唱で大事なのは、暗唱する素材ではありません。
 世間でよく行われている暗唱は、文化的な暗唱で、暗唱する材料自体に文化的な価値があるものが選ばれています。
 もちろん、それはそれでいいのですが、材料を覚えることに意味があるのではなく、暗唱するという過程にもっと大きな意味があるのです。


 しかし、そういう価値ある勉強法でありながら、続けられる子はあまり多くありません。
 それは、形の残らない勉強だからです。

 文章を書き写すとか、長文を要約するという勉強法なら、形が残るので続けやすいのですが、空中に消えていくような音読や暗唱の勉強は、簡単に見えるにもかかわらず継続しにくいのです。
 しかし、視写とか要約という勉強よりももっと効果があるのが、音読や対話の勉強です。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 

コメントフォーム

ワーキングメモリーと暗唱法 森川林 20130309 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」