△ひとつ前の記事 いいいことがありそうだと思うとそうなっていく
▽ひとつ後の記事 自分で計画や時間を管理して勉強する

 
馬を川に連れていくことはできるが  2013年6月5日  No.1834
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1834      





 今日のfacebook記事より。

====

 馬を川に連れていくことはできるが水を飲ませることはできない、というのと似ているのが、作文が書けないときの子供の状態です。

 低中学年の子供の場合、そのときは無理に自分の力で書かせることはありません。
「じゃあ、、お母さんが言ってあげるから、そのとおり書いてごらん」
と言って、アドリブで適当な文を言ってあげるのです。

 そういう形で何行か書いていくと、大抵の場合、その流れで自分で続きを書くようになります。
 しかし、自分で続きを書かない場合でも、それはそれでかまいません。
「よく書けたね。これでいいんだよ」
と言って、その作文は完成です。

 低中学年の子供には、「できなかった」とか「失敗した」という感覚をできるだけ持たせないように、どんどん助け船を出していくのがいいのです。

 手助けをしていたら自分の力でできなくなると心配することはありません。
 人間はもともと自分の力でやることが好きなので、自信がつけば必ず自分でやるようになっていきます。

 無理に水を飲ませようとするよりも、ただ川に連れていき、自分がおいしそうに水を飲んでいればいいのです(笑)。



 今日もきれいな初夏の空が広がっています。
 近所の公園のアジサイの花が、色づきかけていました。
 これから、だんだん緑の濃い季節になっていくのでしょう。

 それでは、今日もいい一日をお過ごしください。

====

 ところで、小学校低中学年の場合は、どんどん手助けをしてあげればいいのですが、高学年と中学生の場合はちょっと違います。
 小学校高学年や中学生で作文がなかなか書けないのは、自信がないからというよりも、準備不足と読書不足によることが多いからです。

 その話はまたいつか。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文の書き方(108) 

 コメント欄
コメントフォーム

馬を川に連れていくことはできるが 森川林 20130605 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」