言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 今日から通常の授業。夏休み中に、オープン教育のシステム作り
▽ひとつ後の記事 作文の間違いは直しすぎないように。直す場合は、次回の作文の事前に

 
お母さんだって、子供のころ、そんなによくできていたわけではないし  2013年8月20日  No.1901
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1901      





 facebook記事より。

====

 小学校低学年の子のお母さんから、よく相談があります。
 「こんなことをしたり、あんなことをしたりしてやったのに、あれもできなくて、これもできなくて……」
 例えば、「毎日読み聞かせをしていたのに、本の内容も読み取れないし、感想文も書けなくて……」など。

 もし、そこに、おばあさんがいたら、
「何言ってんの。あなたなんて、もっとできなかったわよ」
とつっこみが入って、おしまいです。

 お母さんやお父さんは、自分が小学校1年生や2年生だったころのことを忘れているだけです。
 そのころ、何がいちばん楽しかったかを思い出して、子供にも同じことをしてあげることです。

 小学生は、中学生や高校生になるための準備期間ではなく、その時代を小学生らしく過ごすための時期です。
 できないことを数え上げるよりも、今できていることをたくさん認めてあげるといいのです。



 8月の後半になっても、まだ夏の暑さが続きます。

 生徒の家に電話をすると、電話口の向こうからよくにぎやかな叫び声が聞こえてきます。
 子供が家にいる家庭では、暑さプラスうるささで大変だと思います。
 それでは、今日も暑さに負けず、いい一日をお過ごしください。

====

 ときどき、「いや、自分は、子供のころもっとよくできていた」というお父さんやお母さんがいます。

 それは、おじいちゃんやおばあちゃんの育て方がよかったのだと思います。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
子育て(117) 

コメントフォーム

お母さんだって、子供のころ、そんなによくできていたわけではないし 森川林 20130820 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」