言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 シリアへの軍事介入は、やがて日中戦争の道に
▽ひとつ後の記事 受験コースの勉強の仕方に関する質問や相談は新設の掲示板で

 
オープン教育コミュニティがスタート――子供たちの勉強、遊び、生活をシェア  2013年8月29日  No.1909
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1909      




 オープン教育のサイトができました。

 ここでは、子供たちの教育に関する情報の交換だけでなく、実践の交換も行っていきたいと思っています。

 具体的なページとしては、

・子供たちに読んでほしい長文をオリジナルに作成する「オープン長文」
・勉強の仕方や問題の解き方を解説し交流する「オープン勉強」
・親子で楽しく過ごせる遊びを紹介する「オープン遊び」
・家庭学習の上手な進め方を紹介する「オープン生活」

などがあります。

 この案のことを話すと、何人かの方から、「クックパッドみたい」と言われました。
 私は、食事は素材のまま食べることが多いので、クックパッドというサイトを知りませんでしたが、見てみると確かに雰囲気が似ていました。

 これからの教育は、ある特定の分野は専門家に任せる面もありますが、多くは自分たちの手作りでやっていく方が充実したものになると思います。
 記事の閲覧は誰でもできますが、投稿にはメール登録が必要です。
 どなたもご自由にご参加ください。

オープン教育コミュニティ
「オープの川」
http://www.mori7.net/ope/

 なお、言葉の森は、facebookでも、現在様々なグループを運営しています。
 (読書、長文、遊び、行事、受験作文、感想文、帰国子女、外国人の日本語、森林プロジェクトなど)

 しかし、facebookグループの記事は、反応性がいいので交流には向いていますが、記事の整理や検索には不向きです。
 そこで、facebookグループでは、主に気軽な交流をし、オープン教育のサイトでは、本格的なやりとりをするように使い分けていきたいと思います。
 ただし、気軽と本格の差は微妙ですから、そのときの雰囲気でどちらに書き込みをしてもいいことにします。

 みなさんのご参加をお待ちしています。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オープン教育(24) 

コメントフォーム

オープン教育コミュニティがスタート――子供たちの勉強、遊び、生活をシェア 森川林 20130829 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」