暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 プレゼン作文発表会のページ
▽ひとつ後の記事 人間には誰でも天才がある

 
受験作文の勉強法  2013年11月25日  No.1988
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=1988      





 過去問をもとにして、自分で作文を書いてみます。
 言葉の森で教えるのは、全体の構成です。

 本人が、お父さんやお母さんに取材しながら、実例と表現と感想を工夫して書きます。
 誤字や誤表記は、先生がチェックします。

 返却された作文は、よりよい表現や実例に書き直します。
 こういう練習を10本ぐらい行うと、どういうテーマが出ても、自分なりのいい実例、いい表現を盛り込んで書けるようになります。

 だから、中心になるのは、事前の準備です。
 書いたあとの添削や講評よりも、事前に考えたり取材したりすることが勉強の中心になります。

 あとは、何度も同じテーマで書いてみて、スピードと字数に慣れておくことです。
 試験の本番になると気合いが入るので、普段の練習よりも速く長くいい作文が書けるようになります。

 作文の試験は、通常の教科の試験と異なり、課題との相性などによる当たり外れがあります。
 だから、受験生は不安になることが多いのですが、それまでに練習した自分なりの表現や実例のストックがあると安心です。

 自分がこれまでに書いた作文の中のいい表現や実例を当てはめられれば、実力の100%を発揮できるのです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 

 コメント欄
コメントフォーム

受験作文の勉強法 森川林 20131125 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」