△ひとつ前の記事 小学生のころは勉強よりも読書
▽ひとつ後の記事 自習検定試験は12月23日から28日まで実施しています(生徒保護者連絡)

 
与える人の方が受け取る人よりも多くなる時代――オープン教育の理念  2013年12月23日  No.2011
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2011      





 facebook記事より。

====

 もし最初に光合成を行った植物が、これは自分が作ったものだから、同じ方法をほかの植物には使わせないと言ったら、世界は今のように豊かになってはいなかったでしょう。
 みんなが自由にその方法を真似することができたから、世界は多様になっていったのです。

 自然界では自然なことが、人間の社会では逆転していることが時々あります。
 それは、これまでの人間の社会がまだ発展途上にあったからです。
 人間の社会が自然と区別できないくらいになったとき、本当の人間の歴史が始まるのだと思います。


 以上のような考えを前提として、オープン教育を始めました。
 最初に作ったのはオープン長文です。
 これは、子供たちが楽しく読める知的で美しくそして笑いのある長文を自分たちで作っていくものです。

 オープンだから誰でも自由にできるようになっています。
 このオープン長文と同じように、これからオープン読解問題も作ります。
 漢字も、英語も、算数も、すべてオープンに作っていく予定です。


 自然界は、与えれば与えるほど豊かになっていきます。
 そのひとつの例が、カキやクリやブドウの実です。(クリは、リスやネズミが食糧として自分の巣の近くまで運ぶので、そこから芽を出します。)

 やがて人間の社会も、与える人の方が受け取る人よりも多くなるときが来るでしょう。
 そこから人間社会の発展は加速するのです。



 昨日は冬至でした。
 今日から、日が少しずつ長くなり、やがて明るい春が来ます。
 そう考えると、寒い風の中にも、暖かい春の兆しがあるような気がします。
 それでは、今日もいい一日をお過ごしください。

====
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オープン教育(24) 

 コメント欄
コメントフォーム

与える人の方が受け取る人よりも多くなる時代――オープン教育の理念 森川林 20131223 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」