言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 自習検定試験は12月23日から28日まで実施しています(生徒保護者連絡)
▽ひとつ後の記事 子供たちに誇りの持てる日本を伝え、創造性を育てる教育を

 
日本が世界のリーダーとなる決心をするとき  2013年12月24日  No.2013
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2013      




 これから、よりよい未来を作る近道は、日本が世界のリーダーとなる決心をすることです。
 米国や中国に気をつかう必要はもうありません。

 自国の利益だけでなく世界全体の利益を考えて行動し、世の中を動かす力を持っていのは、今の世界では日本だけです。
 しかし、もちろんそれは、今の日本の政治にそれがすぐできるというのではありません。
 日本人全体の集合意識として、世界のすべての国の平和と発展を心から願うことができるという意味においてです。

 すべての行動は、ひとつの決心から始まります。
 よりよい未来作っていきましょう。


 今日もさわやかな青空が広がっています。
 心持ち、朝日が昨日よりも早く昇ってきました。
 これから、だんだん日が長くなるのでしょう。
 それでは、今日もいい一日をお過ごしください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
日本(39) 

コメントフォーム

日本が世界のリーダーとなる決心をするとき 森川林 20131224 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20131224  
 日本は別にそういうリーダーなどしたくはないのです。
 しかし、今の世界を国連や他国に任せていては埒(らち)が明かないから、自分が大事なことを決めるというだけなのです。

 そして、やがて早い遅いの違いはあれ、そういう時代が来るでしょう。

 だから、今の子供たちが教育を考えるときに大事なことは、この狭い日本の中で、世界に通用しない偏差値のランキングを基準にするのではなく、いつか個人の実力で世界に雄飛するような人間を育てていくことです。
 そして、その第一の基準は日本人らしさなのです。

森川林 20131226  
 安倍さんの靖国参拝は当然。
 アメリカに失望を表明する資格などない。
 中、韓はもともと問題外。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」