作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 教えてもらうよりも、自分ひとりで勉強するほうが確実に身につく
▽ひとつ後の記事 勉強は自分らしいやり方で

 
日本の行事や文化を作文の課題に生かす  2014年2月3日  No.2067
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2067      





 facebook記事より。

====

 今日は節分。
 子供のころ、表に向かって大声で豆を投げたことが懐かしく思い出されます。
 家の中でまいた豆が、あちこちに散らばって、年末の大掃除のときに見つかったということもありました。

 そんな季節の行事を、親から子へと伝えていければと思います。
 海外に住んでいる方は、あまり大声で豆まきをすると、通報されてしまうかもしれませんが(笑)、日本の国内であれば、多少の大声は大目に見てくれるでしょう。

 季節の行事は、やがて家庭から地域へ広がって、いつか世界に輸出されるようになるかもしれません。(ジャパニーズマメマキとか何とかいって。)


 そんな2月の行事と遊びを、低学年の作文課題として作成しています。
http://www.mori7.net/jk/

====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
実行課題(9) 

コメントフォーム

日本の行事や文化を作文の課題に生かす 森川林 20140203 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」