言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 寺子屋オンエアの受講案内改訂
▽ひとつ後の記事 寺子屋オンエアの勉強の可能性

 
夏合宿本日締め切り――車に酔わない方法、おねしょをしない方法  2015年5月25日  No.2357
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2357      




 夏合宿は、本日定員の20名を超えたので締め切りになりました。
 今年は、野島青少年研修センターで厨房設備が整っているところなので、本格的に自炊をする予定です。
 宿泊は、昨年のように教室内でテントを張ってシュラフで寝るのではなく(笑)、ちゃんとした二段ベッドで4人部屋です。ゆっくり寝られると思います。

 1日目は、午前中勉強の予定です。
 午後は、海辺で遊びます。イカダ作りなどをしたいと思っていますが、どうなるか未定です。
 夜は、ナイトハイクで近所を探検したいと思っています。

 2日目は、バスで近くの海に行く予定です。
 海で、貝やウニを採って夕食のおかずにする作戦ですが、どうなるかわかりません。
 遊ぶ時間はたっぷりあるので、自由時間を増やして遊べるようにしたいと思います。

 バスで移動する時間は、長くても40分程度です。
 車酔いをする人は、次のようなことをしておくといいです。

 第一は、毎日でんぐり返しをして三半規管を鍛えておくことです。
 船酔いしない方法として教えてくれた人がいました。

 中根先生がおすすめする第二の方法は、バスに乗る練習をすることです。
 これから毎日ルートを決めてバスに乗り、気持ち悪くなるまで乗り続けて、酔いそうになったらそこで降りて、休んで帰るのです。
 このように、自分から進んで車酔いに挑戦していると、必ず酔いを克服して長い距離乗り続けていられるようになります。そして、車酔いなど全然しないようになります。
 車酔いの心配がある人は、早速明日からでも試してみてください。

 たまにおねしょをしてしまうかもしれないという心配のある人は、次のような練習をしておくといいです。
 まず、トイレに行っておしっこをするときに、大きく目を開けるようにするのです。
 いつもそのようにしていてそれが習慣になると、夢の中でおしっこをしそうなときも、目を開けるので、目の前に天井が見えて、それが夢だったのだということがわかります。
 これも、心配な人は、早速今日からでも練習してみてください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合宿(14) 

コメントフォーム

夏合宿本日締め切り――車に酔わない方法、おねしょをしない方法 森川林 20150525 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」