言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 夏休み自然寺子屋合宿終わる
▽ひとつ後の記事 中1のころの作文は下手で当然。音読と問読で気長に作文力をつける

 
寺子屋オンエアの夏休みはウェブ講座で  2015年8月4日  No.2393
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2393      




 言葉の森の8月10日~15日は、休み宿題になります。
 寺子屋オンエアも、8月10日~15日は、休み宿題になります。
 先生からの話はありませんが、いつもと同じように家庭学習を続けていってください。
 先生の話がないかわりに、ウェブ講座を開催しますので、時間のあるときにごらんください。8月10日から、通常の寺子屋オンエアの入口になっている「生徒ページ」にリンク先が表示されるようにします。
http://www.mori7.net/teraon/seito.php
 youtubeの限定ページですので、その期間内であればいつでも見られるようにしておきます。

■夏休み
 いずれも15分ぐらいの短めの講座にする予定です。

●19×19の掛け算を覚える一九一九講座
 夏合宿でも行いましたが、九九を9×9=81で終わらせずに、19×19=361まで広げていく練習です。やる前は簡単そうに見えますが、実際にやってみるとこれがかなり難しい。しかし、やり方がわかれば誰でも必ずできるようになります。覚えているうちに、数字が友達のように感じられるようになります。

●中学入試から大学入試まで使える読解満点講座(保護者にもおすすめ)
 選択式の読解問題を解くときの考え方を説明します。例として取り上げるのは実際の入試問題で、それをどのように解いていくか理詰めで詳しく説明します。
 保護者の皆様もぜひごらんください。

●構成図の書き方講座(保護者にもおすすめ)
 作文を書くとき、複雑な問題を考えるとき、構成図の書き方を知っていると便利です。お母さんが子供に作文の書き方を教えるときにも使える構成図の書き方を説明します。

●読書がどんどんはかどる付箋読書講座(保護者にもおすすめ)
 1冊の本がいつまでも終わらないとか、読書がなかなか進まないなどという人には、付箋読書という方法が役に立ちます。付箋をつけて読んでいくと、難しい本もすぐに手にとって読めるようになり、長時間読んでいても読書に飽きなくなります。

●いいお話講座
 子供向けの心の洗われる話、勇気の出る話、明るい気持ちになる話を紹介します。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 

コメントフォーム

寺子屋オンエアの夏休みはウェブ講座で 森川林 20150804 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」