△ひとつ前の記事 帰国子女の国語力は、学校ではなく家庭で
▽ひとつ後の記事 中学生以上の生徒に必要な考える勉強

 
親子三代で楽しめる暗唱長文を作成中  2015年10月24日  No.2447
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2447      




 言葉の森の暗唱長文は、これまでは現代文でその学年の生徒が作文を書くのに役立つようなものを載せていました。
 これはこれで大事な役割があったのですが、せっかく暗唱までするのですから、今後は生涯覚えていて時どき口ずさめるようなものを暗唱長文にしたいと思いました。
 そうすれば、その暗唱はやがて親子三代で楽しめるようなものになります。
 聞くところによると、群馬県には上毛かるたというものがあるそうで、これは既に家族全員で楽しめる文化になっているようです。

 作文に使えるような文章の暗唱が教育的暗唱で、親子三代で楽しめるような文章の暗唱が文化的暗唱と言ってもよいと思います。
 教育的暗唱の長文の方は、その学年の作文の模範例文として別途読めるようにしていく予定です

 さて、文化的暗唱と言っても、人それぞれに好みがありますから、選択の範囲はかなり広がります。
 そこで、いくつかの基準を設けて、新しい暗唱長文を選ぶことにしました。

 第一は、親子三代ですから、百年の風雪に耐えるような文章にしたいということです。
 第二は、既にある程度知られているような親しみの持てるものにしたいということです
 第三は、日本語の文章の暗唱ですから、できるだけ日本文化につながるものにしたいということです。

 百年の風雪に耐えるとなると、やはりできてから百年以上経っているということが目安になります。
 明治時代の始まりが、今から約150年前でした

 明治維新は、現代日本のひとつの大きな原点になっています。
 この明治時代の文化の方向が、その後の日本の大きな方向を決定づけました。

 例えば、その一つが和魂洋才です。西欧の優れた科学技術は積極的に吸収するが、日本の文化の根は守るという方向が日本人の共通の意識となったのが明治時代でした。
 しかし同時に、それにもかかわらず、明治以降の日本の文化は次第に西欧文化に侵食されていきました。

 そこで、明治の初期をひとつの基準として、それ以前の古代・中世・近世・近代の文章を中心に暗唱長文を選定することにしました。

 参考までに近代のよく知られている人物の生年です。
 これらの人々は、江戸時代の成熟した日本文化を背景にしつつ、明治時代の急速な西欧化との葛藤の中で自身の精神形成をしていったのです。

勝海舟   1823~1899 文政
西郷隆盛  1828~1877 文政
吉田松陰  1830~1859 文政
福沢諭吉  1835~1901 天保
内村鑑三  1861~1930 万延
森鴎外   1862~1922 文久
新渡戸稲造 1862~1933 文久
夏目漱石  1867~1916 慶應
幸田露伴  1867~1947 慶應
鈴木大拙  1870~1966 明治3
島崎藤村  1872~1943 明治5
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
暗唱(121) 

 コメント欄
コメントフォーム

親子三代で楽しめる暗唱長文を作成中 森川林 20151024 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」