秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 遊びの持つ創造性――プログラミング教育は枠のない遊び
▽ひとつ後の記事 子育ての重要な目標は、一に勉強、二に個性を育てること――子供の教育は学校+家庭学習で

 
中学生の勉強法――教材は1冊主義で  2015年10月29日  No.2452
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2452      




 中学生になると、親はだんだん子供の勉強に関与できなくなります。勉強も仕方も、塾に行ったり、通信教育をやったりと、親がその勉強の仕方も次第に把握できないものになってきます。

 そうすると、つい、机に向かっているからいいというように、外見だけで子供の勉強を判断するようになります。
 しかし、大事なことは、勉強しているかどうかではなく、どういうやり方で勉強しているかです。

 勉強のやり方で大切なことは、どういう教材を使っているか、それをどう使っているです。
 親も子も、この肝心なところを抜きにして、ただ勉強をしているだけでよいと思っていることが多いのです。

 まず、どういう教材を使っているかです。塾や通信教育の教材は、ばらばらになってしまうものがほとんどです。ばらばらになるような教材は、よほどきちんと管理できるような子でなければ、有効には使えません。
 教材の理想は、1教科1冊です。何枚ものプリントになっていたり、分冊になっていたりするものは、使えない教材になってしまうことが多いのです。
(ばらばらのプリントをきちんと保管し、繰り返し勉強できるような仕組みを作っているところもあります。「でき太くんの算数クラブ」などはそうだと思います。)

 もうひとつは、どう使っているかです。理想の勉強法は、同じ教材を同じように5回繰り返すことです。
 ところが、小学生のころから、この繰り返す勉強に慣れていない子が多いので、ほとんどの中学生は、1冊がひととおり終わったら次の教材に移ってしまいます。
 わかりやすく言うと、5冊の教材をそれぞれ9割できるようにするよりも、1冊の教材を5回繰り返して10割できるようにした方が確実に力がつくのです。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
中学生の勉强(21) 

コメントフォーム

中学生の勉強法――教材は1冊主義で 森川林 20151029 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


森川林 20151029  
 中学生のころは、テストの点数を気にはしても、勉強というものにまだ自覚がないのが普通です。
 だから、勉強の仕方も、勉強らしいことをしていればいいというふうになってしまいます。
 そこで必要なのは、まず居間でみんなのいる中で勉強すること、次に1冊の教材を5回繰り返すような勉強の仕方をすることです。
 これは、本人の自主性に任せていてはできないので、この基本だけは親が整えておくことが大事です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」