秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 家庭で取り組む公立中高一貫校受験対策(6/2追加)
▽ひとつ後の記事 暗唱検定5級の合格者6名

 
幅広い読書経験と、自分から進んで経験する力を育てる――読書感想クラブ  2016年6月5日  No.2593
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2593      




 小学校1年生から3年生のころの子育てで大事なことは、読書を中心とした言葉の力を育てることと、自分から進んで実行する経験の力を育てることです。
 同時に、この時期の勉強は、その後の小学校時代の勉強の技能的な基礎となるものですから、勉強ももちろん大切です。

 勉強の評価は、点数という形で現れるので、ついその勉強の結果だけに目が向きかちです。
 しかし、本当に大事なのは技能的な基礎とともに実力的な基礎です。その実力は読書と経験によって育つのです。

 学校は勉強の技能を教える場で、家庭はその勉強の技能に習熟させる場ですが、家庭はそれだけにとどまらず、読書と経験を中心にした実力形成の場としていく必要があります。

 そこで、言葉の森が取り組んでいるのは、読書感想クラブという小学校1年生から3年生を対象にしたオンエア講座の企画です。
 オンエア講座は、インターネットを通して自宅から参加できます。インターネットを通してやりとりするのは実際の先生と他の参加生徒ですから、ビデオ授業のような機械的なものではなく、少人数のクラスでの話し合いのような講座です。

 この読書感想クラブは、次のような形で進めていきます。

●1.読み聞かせ
 まず先生が本の読み聞かせをします。この読み聞かせはできるだけ幅広いジャンルの中から選ぶようにして、子供たちの読書経験の幅を広げていきます。

●2.今読んでいる本の発表
 次に、参加している子供たちに、今読んでいる本を紹介してもらいます。これには三つの意味があります。
 第一は、みんなに紹介しようと思って、子供たちが意識的に本を読むようになることです。
 第二は、同じ学年のほかの人が紹介した本を見て、自分の読書生活がよい刺激を受けることです。
 第三は、短い時間で簡潔に本の中身と自分の感想を述べる発表の練習になることです。

●3.似た経験の発表
 また、前回の読み聞かせの本の内容に関連して、似た経験ができていればそれも発表してもらいます。
 本の中には、自分も似たことをしてみたくなるものがあります。
 その似たことを、実験、実行、観察、調査などで経験することが、その本を深く読み取り自分の経験を育てることにつながります。

 昔の子供たちは、自然の中でさまざまな工夫をして遊んでいました。
 ロケット博士と呼ばれた糸川英夫氏は、自分たちの世代をベーゴマ世代と呼んでいました。ベーゴマの遊びの中で、どうしたらより重くより強いコマを作れるか、どの子も文字通り日夜研究してベーゴマ遊びに取り組んでいたというのです。
 こういう主体的な経験が、子供たちの将来の意欲と創意工夫の源泉となります。

●4.実行課題の紹介
 ただし、オンエア講座では、本の内容に関連した似た経験だけにすると難しい面もあるので、読み聞かせの本とは別に子供たちが実行できそうな実行課題という話もしていきます。
 実行課題では、家庭で簡単に出来る工作や実験、近所で簡単に出来る調査や探検の例を紹介します。

●5.実行課題の経験の発表
 子供たちが実行した経験は、家庭で写真や動画などに記録してもらい youtube などで互いに発表し感想を述べる場を作ります。ただし、これらの記録と発表は、子供たちや家庭の負担にならないように自由参加という形で行います。

 小1から小3のころは、あらゆることを柔軟に吸収できる時期です。
 この時期に幅広い読書経験の機会を作り、更にそれを実際の経験に結びつけることによって、子供たちがより深くいろいろなものを吸収し成長するような場を作っていきたいと思います。



■対象
 小学1・2・3年生(保護者も一緒に参加できます)
 言葉の森の生徒以外の方も含めてどなたでも参加できます。

■曜日時間
 毎週火曜日18:00~18:45
 (曜日と時間帯は今後増やしていく予定です)

■参加費
 月4回各45分の講座 月額1,728円
 (無料体験が2回できます)

■ご用意いただくもの
 google+に登録しアカウントを取得してください。
 ウェブカメラのついたパソコン(又はタブレット、スマホ)で参加できます。

■参加の仕方
 言葉の森のホームページの上部に講座開始の15分前からgoogleハングアウトのリンクを貼ります。そのリンクから直接参加してください。
 人数に制限がありますので、欠席や遅刻の場合はあらかじめご連絡ください。

■googleハングアウトの接続テストができます
 googleハングアウトを初めて使われる場合、事前に接続のテストができます。
 言葉の森までお問い合わせください。

■お申し込みは
 参加を希望される方は、言葉の森までお電話でお申し込みください。
 電話0120-22-3987(平日9:00~20:00)



■これまでの読み聞かせの本の例

   

  




■これまでの読み聞かせの動画サンプル

●きょうしつはまちがうところだ


●おかあさんげんきですか




■これまでの実行課題の動画サンプル

●割り箸で作るマジックハンド


●鏡とバケツで虹を作る

 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
オンエア講座(41) 読書実験クラブ(9) 

コメントフォーム

幅広い読書経験と、自分から進んで経験する力を育てる――読書感想クラブ 森川林 20160605 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」