△ひとつ前の記事 みんな知らない子どうしなのに楽しく進む発表交流会
▽ひとつ後の記事 【合格速報】和光高校(推薦)

 
作文の構想図や社会研究の発表――勉強力に余裕がある子供たち  2018年1月24日  No.3147
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3147      




 1月23日(火)に、発表交流会を引き続き行いました。
 今回は、作文の構想図の発表と、日本銀行券に関する社会研究の発表がありました。

 いろいろなことを準備してしっかり発表できる子は、勉強力に余裕があります。
 今は、習い事に追われて、できるだけ手を抜いて勉強したいという子供が増えていますから、こういう発表する余裕があることは貴重です。

 かつて、ゆとり教育の弊害が叫ばれたことがありますが、ゆとり教育は、現場の力がないと手を抜く勉強になってしまうことがあったからです。
 逆に、子供たちの実力に余裕があるところでは、通常の勉強以上に密度の濃い勉強ができていました。

 これからの社会では、与えられたものを受け取るだけでなく、自分から何かを創造する力が必要になってきます。
 受け取る形の勉強は、必要になった時点で取り組めばすぐにできるようになります。
 もちろん、すぐにとは言っても、体系的な勉強では数ヶ月以上かかることはありますが、それでもやる気になったときからが勝負なのです。

 今は、親が焦って、子供にまだ勉強に対する意欲がない時期から、必要以上のことを詰め込んでいる気がします。
 勉強は、親が、少しものたりないと思うぐらいのところが、子供にとってはちょうどいいところです。

 多くの人は、子供の勉強が予定よりも早く終わると、つい追加の勉強をさせてしまいます。
 本当は、そのときは、「わあ、すごい。早く終わってよかったね」と言っておしまいにするのがいいのです。

 すぐに点数に結びつかない時間が、あとで子供たちの創造力の財産になってくるからです。



●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
発表交流会(20) 

 コメント欄

森川林 20180124 1 
 小学校低学年の子供たちで、なぜ勉強しすぎの子が多いかというと、この時期は何でも簡単に吸収できる時期だからです。
 だから、周囲の同じ年齢の子供でも、「もう○○ができる」などというすごい子が現れやすいのです。
 そして、そういう子を見ると、親は自分の子供と比較して焦ってしまうことがあります。

 しかし、そういう早期教育の差は、大したものでない場合がほとんどです。
 学年が上がると、誰でもそこに追いつくので、結局低学年のころにあった差はなくなってしまいます。

 しかし、大きく差のつくものもあります。
 それは、読書と対話と自由な遊びです。
 また、運動系、音楽系に近い勉強もそうです。
 例えば、算盤は運動系に近く、暗唱は音楽系に近い勉強です。

 しかし、いちばん大きなものは、やはり家庭の日常の中で言葉の生活を充実させることと、本人が自由に遊べる時間を大切にすることです。
 言葉の充実は思考力を育て、自由な遊びは創造力を育てるからです。
 そして、自由な遊びは、やがて年齢が上がるにつれて、自由な学問研究や自由な仕事の創造につながっていくのです。


nane 20180124 1 
 自分なりの面白い実験や研究をしている子を見ると、私は将来有望だと思ってしまいます。
 そういう子は、何をやるにしても、自分らしい一工夫を付け加えようとするからです。

 一方、勉強に疲れた子は、やれと言われた最低限のことしかやろうとしません。
 例えば、作文の字数の課題が600字だとすると、600字っぴったりで終わらせるのです(笑)。

 作文の好きな子は、字数の目標とは関係なく、自分の書きたいことを納得行くまで書いていきます。
 今は、字数ぴったりに終わらせる子の方が成績はいいことが多いのですが、将来は、目標を超えて熱中する子の方が大物になっていくのです。
コメントフォーム

作文の構想図や社会研究の発表――勉強力に余裕がある子供たち 森川林 20180124 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」