△ひとつ前の記事 【合格速報】上智大、杏林大、帝京平成大
▽ひとつ後の記事 誤字対策は漢字問題集ではなく作文練習で――作文の印象点を左右する漢字力(3)

 
もっと字を丁寧に書かなきゃ、と言うよりも(facebookページより)  2018年2月21日  No.3203
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3203      



 子供の作文を見て、よく「もっと字をていねいに書かなきゃ」と言うお母さんがいます。
 子供の作文を見て、よく「もっと字をていねいに書かなきゃ」と言うお母さんがいます。
 そう言いたい気持ちはわかりますが、問題は子供の字にあるのではなく、つい先に欠点を見て指摘しまうお母さんの方にあるのです。

 そう考えれば、世の中は簡単です。
 悪いことがあるのではなく、もちろんあることにはあるのですが、その悪い方を先に見てしまう心の姿勢の方にあるのです。

 このことで思い出すのは、中村天風の話です。
 あるとき、師のカリアッパ氏が天風に質問をしました。

 後ろから虎が追いかけてくる。やっと木に登ったら、その木の上から大蛇が近づいてくる。急いで枝から出ている蔦(つた)につかまったら、その蔦の根元をリスがかじっている。下は千尋(せんじん)の谷だ。どうする。
 天風は、すかさず答えました。なあに、落ちてから考えりゃいい。

 困ったことは、困ったことが起きてから考えればいいという姿勢でいれば、どんなときでもたくましく生きていけます。
 困ったことを先回りして考えれば考えるほど、人間は小さくなっていくのです。

 真面目な人ほど、「○○しなかったら、○○しなくなるよ」というような言い方をします。
 強調するために、二重に否定語を使ってしまうのです。
 同じことを、「○○したら、○○するよ」と言うだけで、子供の受け取る感じは全く違ってきます。
 聞いていて明るくなるのです。

 あれも直して、これも直してと、直すだけで一生終わってしまうような生き方をするのではなく、まず最初に今あるいいところを生かしてそれを伸ばす工夫をすることです。

 よいところを伸ばしているうちに、直すつもりだったところは単なる小さなエピソードになってしまうことがほとんどなのです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
生き方(41) 

 コメント欄
コメントフォーム

もっと字を丁寧に書かなきゃ、と言うよりも(facebookページより) 森川林 20180221 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」