△ひとつ前の記事 小1から楽しく勉強して帰国子女受験の準備ができる海外生徒向け作文クラス
▽ひとつ後の記事 【合格速報】静岡聖光学院中学

 
朝日小学生新聞の作品欄の入選は、毎回ほぼ8割が言葉の森の生徒  2018年2月26日  No.3211
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3211      



 言葉の森では、生徒が作文を書く励みになるように、コンクールなどに自主的に応募することを勧めています。
 そのため、毎年、学校の読書感想文コンクールや地域の様々な作文コンクールに応募して入選する子が数多くいます。

 そのコンクールのひとつに、朝日小学生新聞の作品欄があります。これは隔週で2、3名の作文が入選作品として掲載され、ほかに月間の特選者の作品名がやはり1,2名掲載されます。

 毎回、この入選、特選に掲載される生徒のほぼ8割が言葉の森の生徒です。
 これらの作文には、先生は一切手を加えていません。すべて生徒が家庭から自主的に応募しているものです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
言葉の森の特徴(83) 

 コメント欄
コメントフォーム

朝日小学生新聞の作品欄の入選は、毎回ほぼ8割が言葉の森の生徒 森川林 20180226 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」