△ひとつ前の記事 楽しんでできる勉強が、理想の勉強の姿
▽ひとつ後の記事 未来の教育の要は創造教育――その基盤は家庭の創造文化

 
限りなく高度になる可能性のある「新ゆとり教育」  2018年5月3日  No.3295
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3295      



 ゆとり教育は、過去の文脈では死語になりつつある言葉ですが、これから求められる新しい学力の本質は、「新ゆとり教育」です。

 答えがあり、点数があり、比較があり、競争がある従来の教育は、すべての子供にほどほどに力をつける教育でしたが、百点を超えようとする子は生まれませんでした。

 これまでの答えのある世界はわかりやすいので、多くの大人はそのほどほどで満足していましたが、ほどほどの世界の先には、AIしか待っていません。

 点数や比較のない世界は、いくらでも高度になる一方、いくらでもさぼれる世界です。だから、その世界に進むためには新しい勉強観が必要になります。

 そういう新しい勉強観を育てる教育を行っていきたいと思います。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
教育論文化論(255) 

 コメント欄

nane 20180503  
 世の中の大きい流れから要求されることと、現実の教育界で要求されることとは、かなりギャップがあります。
 例えば、今の算数や数学では、計算間違いのしやすい複雑な計算を問題として解かせることがありますが、計算はルールさえ知っていればいいのであって、計算の作業はもう人間がわざわざやることではないのです。
 それは、明治維新が始まる前夜に、剣術や馬術の練習を一生懸命していたことと同じです。
 マイナスになるわけではありませんが、今は、もっと大事なことがあるのです。


森川林 20180503  
 本当に学力のある子にとって、今の勉強は退屈です。
 百点を取ったらおしまいで、その先を要求されることはないからです。
 しかし、今ある百点を取れないような問題は、ただ難しいだけで、その難しさは意味のない難しさです。
(例えば、短い時間で大量の問題を解かせるような難問(笑))
 点数を超えた勉強こそが、これから求められる勉強なのです。

コメントフォーム

限りなく高度になる可能性のある「新ゆとり教育」 森川林 20180503 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」