暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 5月9日(水)本日、森林プロジェクトの交流会「森プロ交」を行います
▽ひとつ後の記事 勉強は、親と子と先生の二人三脚で

 
寺オン作文クラス発表学習クラスの5.3週の授業の動画をアップ  2018年5月9日  No.3301
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3301      



 寺オン作文クラス発表学習クラスの5.3週の授業の動画をアップロードしました。
 この動画を見て、次の週の予習をしてください。
 授業の動画は、youtubeなどを引用しているものが多いので、限定ページに入れています。

 ハイパー作文の授業の動画は、特にyoutubeなどの引用はなく授業だけですので公開しています。

▽ハイパー作文中学入試5.3週
https://youtu.be/KxfcCKfcejc

▽ハイパー作文高校入試5.3週
https://youtu.be/m5H6GouoJiA

 これは、作文を書くというよりも、実際の入試問題を見て、お父さんやお母さんと話し合うための資料として使ってください。
 入試の作文は、生徒の持っている知識だけでは十分な実例が書けませんから、父さんやお母さんと話し合いをすることが、普段の作文以上に大切になります。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
寺子屋オンライン(101) 

 コメント欄

森川林 20180509  
5.3週の予習の動画をアップロードしました。
国語、算数・数学、理科とも「解く問題」ではなく、「作る問題」を中心とした授業です。
百点のない勉強なので、自分でやれるところまでやるという形になっています。
これは、作文も同じで、漢字の読み書き問題は百点がありますが、作文は作る勉強ですからそういうものがもともとありません。
だから、ここで本当の勉強力というものが出てくるのです。



nane 20180509  
 国語と理科は、真の学力と相関の高い教科だと言われています。
 確かに、本当の意味で勉強が好きな子には、国語と理科が好きな子が多いようです。
 両方の教科に共通するのは、いくらでも想像をふくらますことのできる自由度があることです。
 反対に、いちばん自由度がなく面白みのない勉強は、国語の文法ではないかと思います(笑)。

コメントフォーム

寺オン作文クラス発表学習クラスの5.3週の授業の動画をアップ 森川林 20180509 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」