小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 
△ひとつ前の記事 読解力には段階がある――逐語的読解力、共感的読解力、論理的読解力、そして……(1)
▽ひとつ後の記事 読解力には段階がある(3)

 
読解力には段階がある(2)  2018年8月18日  No.3381
 URLは、https://www.mori7.com/as/3381.html      



 創造的読解力とは、文章に書かれているものを、その文章の他の部分との関連の中で読み取るだけでなく、自分自身の実際の体験や自分の考え、またこれまでに読んだ他の人の考えなどと関連させながら読んでいく読み方です。

 この読み方が読解力の究極の読み方で、これは文章を読むというよりもその文章を通して自分の考えを発展させていくという文章と対話するような読み方です。

 国語の本質は、この考えることと、考えを創造することにあるのであって、単にその文章の中の論理の流れをたどっていく読み方ができればいいというのではありません。

 子供たちの読解力が低下しているという場合、問題になるのは論理的読解力のレベルではありません。
 それは、練習をすれば比較的容易にできるようになるからです。

 何が問題かというと、ひとつは、論理的読解力以前の逐語的読み方さえできない子が現れてきていることと、もうひとつは、論理的読み方のあとに来る創造的な読み方に進もうとしない子がいることなのです。

 この二つは、現代社会の特徴から来ているように思います。
 逐語的読解力がない子の場合は、文章を読むという機会がないまま成長し、テレビやネットで映像と音声を含めた情報だけはよく知っているということがあるのだと思います。
 だから、話をしている分には、普通の同じ学年の生徒と同じなのですが、いざ文章を読む段階になると、ほとんど読み取れないということが起きてくるのです。

 創造的読解力がない子の場合は、やはりインターネットなどで豊富な情報に接することによって、右のものを左に移すようなコピー・アンド・ペースト的な読み方にとどまっているせいだと思います。
 読むものが少なければ、そこでいろいろと考えながら読むことができるのですが、読むことがあまりに多く、しかもそれらがいずれも密度の薄い文章である場合、考えて読むよりも速読でこなすという読み方になるのです。

 では、この二つの読解力の不足をどう克服していったらいいのでしょうか。
(つづく)

234-0054横浜市港南区港南台4-21-15 言葉の森オンラインスクール 電話0120-22-3987
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読解力・読解検定(0) 

 コメント欄

森川林 20180818  
 子供たちの読解力が低下しているといった場合、それは論理的読解力の問題ではありません。
 論理的以前の読解力と、論理的以降の読解力にこそ本当の問題があるのです。
 この両者は、現代のビジュアル社会と、ネットコミュニケーション社会が生んだ新しい教育の問題だと思います。
 これは、具体的には、例えば、「youtubeばかり見ていて、本を読もうとしないんです」というようなお母さんの悩み事相談に表れています。

nane 20180818  
 私は、勉強というものは、誰でもいつでもどこでもできるものであるべきだと思っています。
 だから、特定の教材が必要だという形の勉強はあまり賛成しないのです。
 読解力をつけることについてもそうです。
 特別の教材などは全く必要なく、必要なのは、普通に手に入る国語の入試問題集だけです。
 そして、余分な説明のないこの問題集と解答集のセットが、最も密度の濃い教材になるのです。
コメントフォーム

読解力には段階がある(2) 森川林 20180818 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」