参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定11月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 
△ひとつ前の記事 読解力には段階がある(2)
▽ひとつ後の記事 読解力には段階がある(4)――論理的読解力の先にあるもの

 
読解力には段階がある(3)  2018年8月19日  No.3384
 URLは、https://www.mori7.com/as/3384.html      



 話すことが普通にできても、文章が全くと言っていいほど読めない人がいます。例えば、日本に来て何年か暮らしている外国の人などです。
 話をする分には、読む力がないとは感じられませんが、日本語の文章というものを全く読もうとしないのです。
 一語ずつ読むことはもちろんできるのかもしれませんが、文章として理解するという読み方ができないのです。

 それと同じ状態になっている小学生の子が、最近見られるようになってきました。
 これはたぶんテレビやスマホやタブレットのようなビジュアルな情報機器によって、文字を読むという時間がなかったからだと思います。
 こういう子供たちも、小学校の中学年までの勉強は、耳で聞いただけで分かるような内容ですから、学校の勉強にもついていくことができます。
 しかし、小学校高学年から、文章として読まなければ理解しにくい抽象的な考え方の言葉が出てくると、急に勉強についていけなくなるのです。
 これが、今日起きている読解力の不足の最も大きな問題です。

 この子たちに、どう読む力をつけていくかというと、その方法は論理的に読む練習をするいうようなことではありません。
 言葉と言葉のつながりをひとまとまりの意味のあるものとして実感できるようにする練習が必要なのです。

 その方法は、繰り返し音読をすることです。
 精読とは、論理的に読むことではなく、同じものを繰り返して読むことです。この繰り返し読むという学習を助ける読み方が音読です。

 音読の復読(繰り返し読むこと)という単純に思えるような学習方法こそが、逐語的な読解力が育っていない子供たちがまず最初に取り組むことなのです。

 さて、では次に、読む力は十分にあり、論理的に読むこともでき、読解問題は普通に高得点が取れるような子の、更にレベルの高い読み方である創造的読解力をつけるにはどうしたらよいのでしょうか。
(つづく)

234-0054横浜市港南区港南台4-21-15 言葉の森オンラインスクール 電話0120-22-3987
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
読解力・読解検定(0) 

 コメント欄

森川林 20180819  
 勉強の方法は単純です。一に読むこと、二に読むこと、三に読むことです。
 プログラミングとか、英会話とか、速読とか、慣用句とか、漢字の書き取りとかいうのは、趣味で好きでやる分にはいいのですが、やってもやらなくても、あとで必要になればいくらでも追いつくものです。
 しかし、読む力というのは、日常的な生活の中では差があることがよくわかりません。
 それだけに、いったん差がつくと、その差はなかなか埋められなくなります。
 そして、その読む力の土台の上に、書く力が育つのです。

nane 20180819  
 読む習慣をつけるいちばんいい方法は、読む友達を作ることです。
 小学校低学年までは、親が子供の習慣を作る時期ですが、中学年からは友達関係の中でその子の習慣が作られます。

 本を読むことが話題になるような関係を作るために、言葉の森の寺子屋オンラインコースでは、毎週読んだ本をで紹介する時間を作っています。
コメントフォーム

読解力には段階がある(3) 森川林 20180819 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」