△ひとつ前の記事 近年の受験作文の傾向と対策
▽ひとつ後の記事 昼の間に夜がある

 
親子の対話は真面目さよりも楽しさを優先させて  2018年8月28日  No.3388
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3388      



 言葉の森の作文指導は、親子の対話を重視しています。特に小学生のうちはそうです。
 子供の語彙力、思考力は、国語の問題集によってではなく、親といろいろな話をすることによって育つからです。

 語彙力と思考力のある子は、どの教科の勉強もできるようになります。
 だから、わざわざバランスよく、国語、算数、理科、社会などの勉強を家庭でする必要はありません。いろいろな教科の勉強は、学校でしているだけで十分です。

 家庭の学習では、国語的なこと最重点にしてやっていく必要があります。その国語的なことが、読書、作文、対話、暗唱です。

 小3から小6の生徒には、作文の準備をするための予習シートを渡していますが、それは、作文のテーマについて、お父さんお母さんに取材をするためというのが大きな目的です。
 この取材の中で、語彙力、思考力が育ちます。

 本を読むには、目から入る読解力が必要ですが、人の話を聞くには耳から入る読解力が必要です。そして、この両者の読解力は共通しています。その共通しているところが思考力です。

 小2までの生徒は、自由な題名の課題なので、予習シートで親に取材するという形は取れませんが、そのかわりに実行課題集を渡しています。
 これは、季節の行事や遊びを家庭で企画することを通して、やはり親子の対話を盛んにするためです。

 予習シートも、実行課題集も、作文を書くことを前提にしていますから、対話の内容も自然に知的、論理的なものになります。「楽しくてよかったね」という話で終わらずに、「どうしてだろうね」と考えるような方向に話が進むのです。

 この親子の対話で大事なことは、真面目さよりも楽しさを優先させることです。
 対話の目的が、作文を書くことに結びついているので、対話は自然に真面目な方向に向かいますが、ここで親があまりにきちんと勉強的な位置づけで話をすると、子供はそれを息苦しく感じるようになります。

 真面目にやりすぎることのいちばんのマイナスは、親子ともにくたびれて、長続きしなくなることです。
 国語的な勉強は、読書も作文も含めてすべて長期戦ですから、何しろ長続きさせることが大事です。その長続きのコツは、楽しさを優先させて、面白おかしく、力を抜いて行うことです。


▼親子の対話を生かす日曜朝の「親子作文」体験学習はこちらから
https://www.mori7.com/kform_pre.php?f=tkg201809

▼通常の電話通信の体験学習はこちらから
https://www.mori7.com/ftaikenn.php

●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
対話(45) 

 コメント欄

森川林 20180828  
 苦しいことは長続きしません。
 どのような習い事でも、成果を上げるためには、長続きさせることが大事です。
 その長続きさせるコツが、楽しく肩の力を抜いて続けることです。
 ところが、小学1、2年生のころの子供は、親の言うことは何でも素直に聞くので、親が真面目にやりすぎても、それについていってしまうのです。
 しかし、その真面目さは無理があるので、いずれ行き詰まります。
 だから、子供が小さいときほど、親は楽しさを優先させて接することが大事なのです。


nane 20180828  
 「親子の対話を楽しさを優先させて」と反対のことのようですが、親子の対話は知的であることが大事です。
 子供が子供のレベルで感じたまま言ったことを、親は更に知的に高いレベルで、しかし楽しく話してあげる必要があります。
 そのためには、親自身がものごとを知的に考える習慣を持っていることが大切です。
 子供に何か聞かれたとき、「ない」とか、「わからない」とか、「自分で調べなさい」とか言わずに、必ず何か中身のあることを話してあげる必要があるのです。

コメントフォーム

親子の対話は真面目さよりも楽しさを優先させて 森川林 20180828 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」