参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定11月
学校、塾、地域の団体受検もできます。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 
△ひとつ前の記事 1.4週の寺子屋オンラインの授業の動画アップロードしました
▽ひとつ後の記事 プロとアマの違いは無理をして頑張ったことがあるかどうか

 
読解検定委員会のお知らせ  2019年1月15日  No.3504
 URLは、https://www.mori7.com/as/3504.html      



 中学入試の問題レベルの文章で、主に小学5年生、6年生を対象にした読解検定を行う予定です。
 検定試験の問題を多数作る必要があるので、読解検定委員会という形で解答の解説を書く人を募集します。
 また、ひとりで解説を書くと不十分なところが出てくる可能性があるので、同時に解説の検収を行う人も募集します。

 当面は、小学5、6年生が対象の読解検定ですが、将来は、小学1年生から高校3年生まで受検できるものにしていきます。
 この読解検定を受けていると、合格するために解説を読むようになるので、読解の点数は必ず上がります。
 高校3年生の場合は、今のセンター試験で満点が取れるあたりが目標になります。

 進度は、現在行っている暗唱検定と同じような流れにします。
 作文検定、暗唱検定、読解検定がそろったあとは、記述検定も作成していきたいと思います。

 詳細は、森林プロジェクトの掲示板などでお知らせする予定です。

234-0054横浜市港南区港南台4-21-15 言葉の森オンラインスクール 電話0120-22-3987
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
森林プロジェクト(50) 読解力・読解検定(0) 

 コメント欄

森川林 20190115  
 読解検定の短期的な目標はもちろん国語の成績を上げることですが、長期的な目標は読む力をつけることです。
 ですから、短期的な目安はセンター試験で満点が取れるようになることですが、長期的には難しい本をばりばり読む力をつけることです。
 そして、将来は、この読解検定の延長で、高校生大学生を主な対象にした読書検定を行っていきたいと思っています。6


nane 20190115  
読解検定委員会はどなたでも参加できる形にします。
保護者の方も大歓迎。
コメントフォーム

読解検定委員会のお知らせ 森川林 20190115 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


小学456年生の勉強と生活の本
おすすめ→ 小学456年生の勉強と生活の本
小4・小5・小6の勉強の仕方、生活の仕方をくわしく解説。
小学生におすすめの本を、「物語」「説明文」に分けて紹介。
 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」