秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 子供の育て方(四行詩※)
▽ひとつ後の記事 2009年のセンター試験国語の現代文解説

 
センター試験国語の解き方  2009年1月22日  No.364
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=364      


 センター試験の国語は、原則として満点を取ることができます。
 そのコツは、次のとおりです。

1、問題文は、理解できたところに線を引きながら、気合を入れて一気に読みます。
2、設問は、それぞれの選択肢のどの部分がおかしいかということとを×△?などで記号をつけていきます。
3、消去法で、×や△や?のなかったものが◎です。

 もとになる学力は、ややこしく長い問題文を一気に読める読解力です。この読解力は、過去の国語入試問題集を復読(繰り返し読むこと)することで身につきます。
 なぜ復読がいいかというと、文章の表現や構造が、単なる知識としてではなく自分の血や肉として消化されることによって、読む力が手足のように自由に使えるようになるからです。これは、実は、英語や数学など、他の教科の勉強とも共通する学力の本質です。

 しかし、点数をよくするためには、消去法のコツをつかむことが必要です。
 国語力と国語の成績の間には高い相関がありますが、センター試験や入試問題のように差をつけることを目的とした試験では、一致しない部分も大きくなります。

 消去法の考え方を理詰めで説明してくれる先生に教わって、何年間分かの過去問を満点近くになるまで解いていきましょう。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
センター試験(7) 大学入試(14) 

コメントフォーム

センター試験国語の解き方 森川林 20090122 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」