作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 中学生は意見を深める時期
▽ひとつ後の記事 国語力とは何か——学問の母としての国語

 
帰国子女の入試と作文  2009年2月2日  No.378
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=378      


 帰国子女の枠で入試を行う学校が増えています。学齢期に日本にいなかったために、受験勉強の流れに乗れなかった子供を救済することが目的なのだと思います。ですから、テストの成績よりも本当の学力を見るための試験になっています。そこで作文の試験や面接等が重視されるようになっているのです。
 学校によっては、作文の試験は日本語でも外国でもどちらでも良いとしているところがあります。こういうことから考えると、日本語の作文でも、漢字の誤字があるというようなところは、大目に見られているのではないかと思います。むしろ大事なことは内容です。
 帰国子女枠の中学入試の作文試験では、課題によって有利不利の差がつかないような工夫がされているようです。ですから、課題も、「日本と現地の違い」「現地で学んだこと」などを自分の経験を中心に書く課題が多くを占めています。従って、作文の勉強は、自分の経験を文章化させるという形で進めていく必要があります
 方法としては、第一に、自分の経験をいくつも書いてその中からいいエピソードを絞り込んでいくということです。第二に、両親が自分の経験を補足して、子供の経験をふくらませてあげることです。第三に、やはり両親が子供の経験を、一般化した感想や意見の形に一度昇華してあげるということです
 作文に書く材料となるいい体験実例は、大きく分けて四つあります。一つ目は個性のある体験です。二つ目は挑戦のある体験です。三つ目は感動のある体験です。四つ目は共感のある体験です。挑戦のある体験がいちばん書きやすいと思います。共感のある体験とは、うまく行かなかったことや失敗したことをむしろ誠実に書くときに生まれます。
 高校入試の場合は、作文の課題は、もっと考える内容になってきます。日本と海外の文化の違いを自分の経験を実例として述べられるようにしておくといういいと思います。そのためには、比較文化論に関する本を何冊か読んで自分の経験をある程度普遍化しておくといいでしょう。
 文章力の本質は思考力です。文章力は、日本語が得意か苦手かということとは少し違います。どの言語であっても、考える力があるかどうかは文章やを読めばわかります。
 中学入試、高校入試、大学入試とも、過去問をもとに予想問題を10本ぐらい書いていると、どういう課題が出ても材料の上では一応対応できるようになります。いろいろなテーマで書いた10本の作文を自分が納得できるまで添削して何度も繰り返し読んでおくのが勉強の仕方の基本になります。
(この文章は、構成図をもとに音声入力した原稿をamivoiceでテキスト化したものです)

マインドマップ風構成図
 記事のもととなった構成図です。

(急いで書いたのでうまくありません)
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
帰国子女(12) 

コメントフォーム

帰国子女の入試と作文 森川林 20090202 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


touko 20160913 77 
帰国子女枠の試験は作文、という学校、とても多くなりましたね。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」