秋から始める作文の無料体験学習
 今、言葉の森の無料体験学習をお申し込みの方に、「国語の勉強に役立つ小冊子」をプレゼント。 つづきを読む
△ひとつ前の記事 小学生の作文を添削する際のチェックポイント(質問に答えて)
▽ひとつ後の記事 作文がうまく書けない理由(質問に答えて)

 
男の子の作文、女の子の作文(質問に答えて)  2009年2月20日  No.393
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=393      


 男の子の書く作文と女の子の書く作文では、どのような違いがあるのでしょうか。
 男の子は、名前や数字を書くのが得意です。旅行に出かけた時のことを書く場合、場所の名前、駅の名前、電車のついた時刻、そのときの人数など、名前や数字を正確に書くというのが男の子の関心のある事柄です。
 それに対して、女の子が得意な表現は会話です。旅行に出かけたときでも、女の子は、どこに何時ごろ行ったかということよりも、だれとどんな話をしたかということに関心を持ちます。
 小学校の作文では、女の子的な作文の方が高く評価されがちです。生活作文は、会話が生き生きとはいっている方が面白く思えるからです。
 しかし、男の子の、名前や数字などのデータを正確に書くという書き方もたくさん褒めておく必要があります。
 また、男の子女の子両方に共通する表現の項目は、小学校低中学年の場合、たとえになります。たとえ、つまり比喩を使うことによって表現が面白くなるというのが小学生の作文の特徴です。
 学年が上がり、中学生、高校生になると、作文のジャンルも事実中心の生活作文から説明文や意見文になっていきます。
 説明文意見文になると、男の子は、社会実例を書くという書き方が得意になってきます。女の子は体験実例を中心に書く、という書き方に更に磨きがかかってきます。そして、男の子、女の子に共通する表現の工夫は、光る表現(言葉の森の指導上の言葉として自作名言)を書いていくということになります。
 作文以外の読書についても、一般的に女の子は本を読むのが好きです。男の子は、本よりもゲームのようなものが好きになる傾向があります。従って、兄弟で上の子が女の子、下の子が男の子という場合、上の女の子は自然に本を読みます。親がそのつもりで、下の男の子も自然に本を読むものだと思っていると男の子の読書が遅れるということがあります。
 しかし、男の子女の子とも、作文も読書も、苦手なところを直そうという発想ではなく、得意なところをほめて伸ばしていくという発想をする方が勉強が楽しくできます。兄弟に読書をすすめる場合でも、好みのジャンルの違いを生かして、それぞれの得意なジャンルを評価するという読書のすすめ方をしていくと、兄弟そろって読書好きになります。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。


コメントフォーム

男の子の作文、女の子の作文(質問に答えて) 森川林 20090220 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」