△ひとつ前の記事 短時間で書くには―質問に答えて
▽ひとつ後の記事 実力がどのくらいついているか―ご質問に答えて

 
中学受験コースでの勉強―ご意見に答えて  2009年8月25日  No.609
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=609      


 小6の保護者の方から、受験コースに関するご意見がありました。

 以下は、そのご意見に対してのお返事で、父母の広場に掲載したものです。



 受験コースと通常コースに、それほど大きな差はありません。

 違うところは、過去問に合わせた課題で行うことと、先生の評価が厳しくなることです。

 通常の作文では、項目を指示してよくできたところを褒めて実力をつけることが目的ですが、受験の作文では、上手に書いて合格することが目的です。

 数ヶ月で実力は変わりませんから、実力をつけるのではなく、今ある実力でいかに勝負をするかという勉強になっていきます。


 家庭でご協力いただくことは、次のようなことです。

1、課題を見て、似た例や感想などを親子で話して、作文に書く材料を増やしておくこと

2、誤字や誤表記は、二十回ぐらい実際に手で書いて二度と間違えないように覚えておくこと

3、課題として書いた作文を手直しして、同じ課題で同じように書く練習をすること

 勉強の進め方についてご要望やご質問があれば、事務局までお問い合わせください。


 なお、作文については自信があるという子は、次のような勉強をしていくといいと思います。

(1)書くときに消しゴムを使わずに最初から完成した文章を書くように心がけること

(2)勉強が忙しくなっても読書の習慣を維持すること

(3)表現の工夫として、たとえよりも自作名言を入れてみること、などです。

 言葉の森新聞の自作名言の話


 読書を続けていると、作文や面接の意外なところで、その読書が生きてくるということがよくあります。

●言葉の森 受講案内 ●森林プロジェクト 講師育成講座
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
受験作文小論文(89) 質問と意見(39) 

 コメント欄
コメントフォーム

中学受験コースでの勉強―ご意見に答えて 森川林 20090825 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」