暗唱の効果と続け方
つづきを読む
△ひとつ前の記事 中学受験コースでの勉強―ご意見に答えて
▽ひとつ後の記事 振替授業のときも担当の先生に―ご意見に答えて

 
実力がどのくらいついているか―ご質問に答えて  2009年8月26日  No.610
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=610      


 小6の保護者の方から、「よくがんばっているが、実力がどのくらいついているかわからない」というご質問がありました。

 以下は、そのご質問に対してのお返事で、父母の広場に掲載したものです。



 作文は、上手になったかどうかがわかりにくい勉強ですが、学年が上がるにつれて必ず上達しています。

 しかし、小4のころの作文の方が上手で、小6のころの作文の方が下手になったと感じることはだれでもときどきあると思います。

 これは、中学生になると更に顕著で、中学生になると、ほとんどの子が小学生のころよりも下手になったと感じると思います。

 それは、課題が難しくなったために、相対的にうまく書けなくなるからです。

 そういうときでも、気長に自習を続けて褒めてあげていると、更に学年が上がったときにその自習が生きてきてまた上手に書けるようになります。


 上達の目安は、項目とスピードと字数です。小6以上の生徒の場合は、90分以内に1200字の作文を全部の項目を入れて書けるようであれば実力はついています。

 時間がかかる、又は字数が伸びないという場合は、自習や読書などにもっと力を入れていく必要があります。


 なお、父母の広場には書いていませんが、作文力と字数力、語彙力、漢字力の関係は、図のようになります。作文力と相関の高いものから、順に、字数力、語彙力、漢字力となっています。

 作文力と字数力の相関は、かなり高くなっています。特に、小学校中高学年から中学生にかけては、そういう傾向が強くあります。小学校低学年の場合は、作文力と字数力はあまり関係がありません。

 作文力と語彙力の相関は、字数力についで高くなっています。もちろん、例外は多数あります。高校生になると、作文力と語彙力の相関は更に高くなります。

 作文力と漢字力の相関も、ある程度まであります。難しい漢字を自然に使える子は、読む力もあり、作文力もあるということです。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
質問と意見(39) 

 コメント欄
コメントフォーム

実力がどのくらいついているか―ご質問に答えて 森川林 20090826 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」