言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 振替授業のときも担当の先生に―ご意見に答えて
▽ひとつ後の記事 形だけ整えた書き方―ご意見に答えて

 
作文の文章に話し言葉を使うケース―ご意見に答えて  2009年8月28日  No.612
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=612      


 小5の保護者の方から、「文章中に話し言葉があるので指導してほしい」というご意見がありました。

 以下は、そのご意見に対してのお返事で、父母の広場に掲載したものです。



 話し言葉を使うという場合、二つのケースが考えられます。

 一つは、文章を書くのが好きな子が、ところどころに軽いノリで自由な筆致で書く結果、話し言葉になるという例です。これは実力のある子の場合ですから、問題はありません。すぐに直ります。

 もう一つは、まともな書き言葉の文章の語彙が少ないために、話し言葉になってしまう場合です。

 例えば、「ぼくは、おばあちゃんちでねちゃいました」などは、書き言葉の語彙が少ないために話し言葉で書いてしまう例です。「おばあちゃんのうちで」「ねてしまいました」という文章語を読む機会が少ないために、そういう言い回しがなかなか使えないので話し言葉になってしまいます。

 この場合、厳しく注意して直るかというと、そういうことはなく、直るよりも注意の繰り返しで書くことが嫌になってしまう方が多いのです。

 注意する場合でも、「話し言葉で書かない」という一般的な注意ではなく、「この言葉は使わないこと」という一つか二つに限定した注意であれば効果はありますが、そのように限定すると、今度は指導する機会が少なくなります。

 したがって、話し言葉が多い子の場合は、まず文章的な言葉を読む量を増やしていくことが勉強の中心になります。

 大人は子供の表記のおかしい点をよく心配しますが、幼稚な話し言葉のまま大人になる子はいません。どの子も、中学高校と学年が上がるにつれて文章的な言葉で書けるようになってきます。それは、学年が上がるにつれて、書き言葉の文章を読む量が増えてくるからです。

 目につきやすい表記の面は、直接指導するよりも、読む量を増やすことによって気長に直すのが基本です。

 目につきにくい表現や構成の面が勉強の中心になると考えていってください。

 ただし、具体的に、「この言葉をこう使うのは気になる」ということがありましたら、担当の先生、又は事務局にご相談ください。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
作文の書き方(108) 質問と意見(39) 

コメントフォーム

作文の文章に話し言葉を使うケース―ご意見に答えて 森川林 20090828 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」