言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 日本文化とは何か―勇気と知性と愛における日本文化の特徴
▽ひとつ後の記事 家庭での勉強の教え方―子供は勉強の仕方を通して人間関係を学ぶ

 
問題集読書をもとに書いた四行詩の例  2010年4月8日  No.856
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=856      





 昨日、中2のK君が、高校入試の問題集読書をもとに四行詩を書いてファクスで送ってきてくれました。

 同じように四行詩を書いている人の参考になると思いますので、その中からいくつかを掲載します。


   P361

 僕たちは今、
 亡き人たちが作った社会に生きている。
 先人の知恵を利用して、
 日々を過ごしていこう。

   P366ー367

 エッセイの筆者は「嘘」はつかないはずだ。
 小説では、宇宙のように広々とした
 「創造」を著すことができる。
 いくらでもジョークが記される。

   P369

 「ビリッ」
 今日もどこかで
 障子は破れている。
 僕の家の障子は、ときどき張りかえられる。



 そして、今日、さくらんぼさんも、問題集読書の四行詩のファクスを送ってきてくれました。


   本の読み方とスローリーディングの実践

 スローリーディングはゆっくり読むこと
 本を価値あるものにするかは、読み方次第
 旅行は、魅力を堪能できたかに意味がある
 読書は発想を転換しなければならない

   魂のみなもとへ―時と哲学のデュオ

 好きなのはきれいな水で汚い水はきらいだ
 波は、倦きることなく、寄せては返す
 見るほうが倦きてくる
 人間の忍耐心は自然の忍耐心にかなわない

   食卓の向こう側 生ごみは問う

 自然の摂理を無視した給餌は論外
 有機物を活用して食物に変える産業
 私たちは、社会貢献しているのに評価が低い
 結果で過程を見ない社会が変わってほしい


 ほかの生徒のみなさんも、四行詩が書けたら、できれば今週いっぱいまでにファクスで送ってください。

 ファクスは、 0120-72-3987 (電話の番号と少し違います)

 問題集読書と四行詩の自習は、7月ごろから本格的にスタートする予定です。
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
四行詩(13) 

コメントフォーム

問題集読書をもとに書いた四行詩の例 森川林 20100408 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」