小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」
 2016年12月発売 第6刷 40,000部。
つづきを読む
△ひとつ前の記事 森林プロジェクトと寺子屋オンエアを通信制のフリースクール的な学校に
▽ひとつ後の記事 日本語が学力の中心――帰国子女の日本語教育と暗唱学習

 
外国人が日本語を勉強する方法としての読書、音読、暗唱  2015年11月15日  No.2468
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=2468      




 シュリーマンが、さまざまな外国語を独学で習得した方法は、その言語の音読と暗唱でした。
 この方法が、外国人が日本語を学ぶ方法として生かせると思います。

 言語というものは、おおまかなところでは単語がわかれば内容を理解することができます。
 翻訳ソフトのレベルは、既に概要を理解するには充分な域に達しています

 しかし、細かい微妙なニュアンスの違いなどは、翻訳ソフトではまだ力不足です。
 それを文法的に理解する方法もありますが、いちばんよいのは、やはりその言語に慣れることによって身につける方法です。

 例えば、日本の中学生の英語のテストでは、語順を入れ替えた文章を正しい語順に直すという問題がよく出ます。これを文法的に理解するのは大変です。しかし、音読で慣れていれば、自然に正しい語順がわかります。

 外国人の日本語学習にも、同じことがあてはまります。
 文法や単語の学習のほかに、日本語の文章に慣れることによって、微妙なニュアンスも理解するということが勉強の中心になると思います。

 幸い、日本は、諸外国の本の多くが日本語に翻訳されています。
 これらの本の中で、自分の気にいったものを読み、その中のいい文章を音読し暗唱するのです。

 ふりがながないと漢字が読めないという場合は、ルビふりのサイトがあります。
 音声がないと読み方がわからないという場合は、音読のサイトがあります。
 そのほか、個々の単語の意味はウェブ翻訳で充分にできます。

 インターネットの時代には、シュリーマンの学習した方法が、誰でも自宅で簡単にできるようになっているのです。
 問題はただひとつ、まだその音読暗唱という方法が、まだ洗練された学習方法として確立されていないことです。

 言葉の森では、今後この日本語の音読暗唱という勉強方法を作っていきたいと思っています。

 参考までに、「シュリーマンの古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)」
http://www.amazon.co.jp/dp/4102079017

 ドイツ語の原本は、キンドルで無料で読みます。
「Selbstbiographie (German Edition) Heinrich Schliemann」
http://www.amazon.co.jp/dp/B004ZG12DO

 ちなみに、シュリーマンは、日本にも来ていたそうです。
「シュリーマン旅行記 清国・日本 (講談社学術文庫 (1325)) 」
http://www.amazon.co.jp/dp/4061593250
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
帰国子女(12) 外国人と日本語(4) 

コメントフォーム

外国人が日本語を勉強する方法としての読書、音読、暗唱 森川林 20151115 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄


touko 20161018 77 
テキストにある会話の例を全部暗記してしまう生徒、未習の文型も使いこなしています。


■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」