言葉の森の作文通信がなぜよいか
 書かせて添削するだけの指導ではなく、毎週の電話で事前指導をする作文通信 つづきを読む
△ひとつ前の記事 長所を伸ばすのが必要なときと、欠点を直すのが必要なとき
▽ひとつ後の記事 子育ての原点を忘れない

 
遊びと同じように楽しい勉強(Facebookページの記事より)  2017年12月8日  No.3106
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3106      




 勉強がつまらないのは、狭い枠の決まった答えがあって、誰がやっても同じ答えになるからです。
 それも、ほどほどであればいいのですが、完璧にできるまで同じ答えであることが要求されると、勉強は苦行に近くなります。

 自分の自主性が発揮できることであれば、苦しいことでも、子供たちは平気で取り組みます。

 たぶん、これからの勉強はそういう自主性の発揮できるものになってくるでしょう。

 そのためには、30人学級でもやや多すぎます。
 グループが活性化するのは、5、6人ですから、同じ力のある子どうしが5、6人で発表する勉強をすると、それは遊びと同じように楽しいものになるのです。

====
 子供たちの勉強の様子を見ていると、「人間は、本当はみんな勉強が好きなんだ」と思います。
 それぐらい、自分が参加する形の勉強は、どの子も熱中するのです。
 そして、もちろんその熱中した分だけ、実力がついています。
 
 それなのに、どうして、その子供たちが、家ではよく「勉強しなさい」と言われるのでしょう。
 そして、「今やろうと思ってたのに」と返事をするのでしょう。
 
 それは、勉強が面白くないからです。
 その理由は、勉強のほとんどが、受け身でやるものになっているからです。
 その同じ勉強を、どうして先生は面白いと思っているのでしょう。
 それは、先生が、教えるという主体的な参加の仕方をしているからです。
 
 これからの勉強は、子供たちも参加できる勉強にしていく必要があると思います。
====
 

 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
思考発表クラブ(0) 

コメントフォーム

遊びと同じように楽しい勉強(Facebookページの記事より) 森川林 20171208 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。

 コメント欄



■作文は対話のある通信教育で  ■公立中高一貫校の作文力  ■国語力がつく長文読解の作文 
  ■小1からの作文で学力と個性  ■帰国子女の国語力  ■言葉の森の作文通信がなぜよいか  ■作文講師資格講座 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」