参加フォーム/言葉の森企画
国語力がつく読解検定12月
学校、塾、地域の団体受検ができるようになりました。 解き方のコツは、「読解・作文力の本」を参考にしてください。 言葉の森
 
△ひとつ前の記事 誤字対策は漢字問題集ではなく作文練習で――作文の印象点を左右する漢字力(3)
▽ひとつ後の記事 昨日の発表会はバレエの話に

 
作文の本質は書くことではなく考えること――音声入力の方法  2018年2月22日  No.3205
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3205      



 音声入力というのは、言い直しが効かないからうまく行かないでしょう、というようなことをよく言われますが、慣れればそんなことはありません。
 その代わり、考えながらゆっくり喋ることが必要になってきます。

 大事なことは、書く内容があるということですから、作文の場合も、書くことよりも事前の準備をどれだけしたかということが重要になります。

 今、言葉の森では、予習シートなどをもとに事前に作文の構想図を書くことをすすめていますが、この準備をするかどうかで作文の出来栄えがかなり違ってきます。

 今度の夏合宿では、ICレコーダーとクロームブックを使って、音声入力作文発表会というのをやってみたいと思っています。
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
音声入力(10) 

 コメント欄

森川林 20180222 1 
 音声入力の仕方を動画でアップしました。
 この書き方をすれば、子供たちの作文も、いくらでも長く書けます。
 だから、大事なのは、書くことよりも事前の準備で中身を充実させておくことなのです。

nane 20180222 1 
 音声入力のコツは、次の文を考えながらゆーーーっくり喋ることです。
 そうすれば、手で書くのと同じような文章ができあがります。
 計ってみたら1分間で100字ぐらいのスピードでした。
 それでも、手書きやパソコン入力で書くよりもずっと速いです。
コメントフォーム

作文の本質は書くことではなく考えること――音声入力の方法 森川林 20180222 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。


 参加フォーム/言葉の森企画
作文の予習と発表に力を入れたオンライン学習
友達と一緒に作文を書くことで互いの予習が参考になり、読書紹介で読書の幅が広がります。 言葉の森
 

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」