国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!
つづきを読む
△ひとつ前の記事 【合格速報】東北大学大学院理学研究科
▽ひとつ後の記事 保江邦夫さんの聞いた未来の教育、アップルのデジタル教育、木内鶴彦さんの見た循環型社会

 
春の読書作文キャンプで行く瀬上の池  2019年3月27日  No.3647
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3647      


 春の読書作文キャンプで、初日の午後に行く場所です。
 ザリガニのいるはずのところには、まだ見えませんでしたが、網ですくうとたぶん小さいのが見つかると思います。

 行くところは、どこも教室の近くなので、これからの読書作文キャンプは、すぐに企画できそうです。
 今度は、読解検定付きの読書作文キャンプにしたいと思っています。
 予定としては、4月20日(土)午後2時から21日(日)午後2時で、のちほど参加フォームを作成します。

 オンラインで勉強し合っている子供どうしが誘い合って、リアルな場所で再会するといいうのが感動的で面白いと思います。

▽里山の光景です。


▽細い道が15分ほど続きます。


▽道に沿って小さな川が流れています。
 昔、犬を連れて遊びに行くと、すぐに道をそれて川の中をジャブジャブと歩き出しました。
 ゴールデン・レトリバーなので、水が大好きだったのです。


▽田んぼがあります。


▽カワセミがいました。ほかにも、キジとか、フクロウとか、タヌキとかいるようです。


▽終点の池。カモが泳いでいました。


▽スミレが咲いていました。


▽田んぼの近くの水路に小さなオタマジャクシ。
 ザリガニ君たちは、まだ寝ているようでした。


▽水路の近くにセリが生えていました。



言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
合宿(14) 

 コメント欄

森川林 20190327  
 通信教育の弱点は、自然や人間とのリアルな交流ができないことです。
 だから、那須に合宿所を作りました。
 しかし、新幹線で東京から2時間とは行っても、やはり那須は遠いです。
 そこで、新しい教室で土日合宿ができるようにしました。
 横浜市とは行っても、横浜市の外れに近いのでかなり自然はあります。
 ここで、将来、読解マラソンと読解検定合宿をする予定です。

nane 20190327  
 読書作文キャンプは、本当は保護者の懇談会もあるといいと思うので、日中、子供たちは読書作文キャンプ、保護者は鎌倉散策で、夕方にみんなで食事をしながら作文発表会という形もいいかと考えています。
コメントフォーム

春の読書作文キャンプで行く瀬上の池 森川林 20190327 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。




言葉の森の企画
国語力がつく読解検定 10月無料受検キャンペーン実施中!

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」