作文を上達させるコツは、事前の準備と親子の対話
つづきを読む
△ひとつ前の記事 パソコン講習会の資料
▽ひとつ後の記事 読解検定試験の結果返却――百点を取ることで力がつく読解試験

 
パソコン講習会に参加すればオンラインの仕組みがわかる  2019年5月24日  No.3734
 URLは、https://www.mori7.com/index.php?e=3734      



 今年、寺子屋オンラインの作文を体験した人で、子供が作文を書いたのに、お母さんがそれをアップロードができなかったというケースがかなりありました。

 パソコンとインターネットの世界は、用語自体が日常生活とかけ離れているので理解しにくいところがあります。

 例えば、Zoomに入ると、「コンピュータのオーディオに参加しますか」というメッセージが出ます。
 「コンピュータのオーディオに参加する」などという言葉は、日常会話にはありません。
 そこで、多くの人がそのウィンドウを「×」で閉じてしまうのです。

 「オーディオに参加する」とは、「パソコンのマイクとスピーカーを使えるようにする」ということです。
 だから、ここを「×」で閉じると、マイクとスピーカーが使えなくなり、その設定の方法をし直さなければならなくなります。
 そういうことが、とても多いのです。

 Googleフォトへの画像のアップロードでも、最初に、「アルバムに追加する」「共有アルバム」という二つの選択肢が出てきます。
 日常会話で、「共有アルバム」というような言葉は出てきません。
 そこで、多くの人が、どちらを選んだらいいのか途方に暮れてしまうのです。

 一事が万事この調子なので、何かをやろうとしてもそのたびに分からない言葉が出てきて、分からないなりに選択していくと、結局望んだところには行けないということになってしまうことが多いのです。

 しかし、この「分からない状態」と「わかる状態」の差は、なだらかな傾斜ではなく、段差の大きい階段のような差です。
 あるときに突然仕組みが理解できて、「あ、そうだったんだ。なあんだ」ということになるような分かり方なのです。
 分からないときは全く分からないが、分かるときは一瞬にしてわかるというような階段状の差があるので、教える仕組みが逆に生まれてこないのです。

 そこで、今回、パソコン講習会を行うことにしました。
 すると、15分から30分で、誰でもやり方がわかるようになります。

 昔、20年前ぐらいの話ですが、言葉の森の講師が全員パソコンに使えるように研修したことを思い出しました。
 そのときは、「マウスがもう机のはしまで来ていてこれ以上動かせません」というような、今なら笑い話になるようなことがよくありました。
 それと同じようなことが、今オンラインのクラウドサービスの利用というところで起きているのです。

 パソコン講習会では、ほとんどマンツーマンでやり方を説明して、実際に共有した画像をアップロードするところまでやりますから、誰でも最後までできるようになります。

 このオンラインのクラウドサービスの利用の仕方は、お母さんだけでなく、お父さんもほとんどわかっていないと思います。
 これは、デジタル・ネイティブの世代と、デジタル・非ネイティブの世代の差なので、理数系に強いかどうかということは関係なく、何しろ誰かに直接教わらないとわかるようにならないのです。

 これから、言葉の森の寺子屋オンラインの作文や発表学習や自主学習に参加したいと思っている方は、このパソコン講習会を利用されると良いと思います。(無料です。)

 また、今度から言葉の森では、寺子屋オンラインに参加した人には、その参加の一環としてパソコン講習までを行うことにしました。


■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】
 
 同じカテゴリーの記事
同じカテゴリーの記事は、こちらをごらんください。
インターネット(25) 

 コメント欄

森川林 20190524  
 わからないときは全然わからないが、わかるときは一瞬にしてわかる、というのがデジタル的な知識の特徴です。
 だから、子供が楽々とやっていることを、大人はできないしやろうともしないということが多いのです。
 そこで、言葉の森では、オンライン学習に参加する人のために、マンツーマンのパソコン講習会を行うことにしました。


nane 20190524  
 いったんわかってしまえば簡単なことでも、わかる前はどうしてできるのかさえわからないというのが、デジタル的な知識の特徴です。
 だから、直接マンツーマンで聞かないと、この知識の壁は越えられないのです。
コメントフォーム

パソコン講習会に参加すればオンラインの仕組みがわかる 森川林 20190524 に対するコメント

▽コメントはここにお書きください。 お名前(ペンネーム):

 フォームに直接書くよりも、別に書いたものをコピーする方が便利です。




■言葉の森の教室紹介
面白い勉強で実力がつくオンラインの学習【動画】

受講案内の郵送(無料)をご希望の方は、こちらをごらんください。
(広告規定に基づく表示:受講案内の郵送を希望される方はご住所お名前などの送信が必要です)

電話通信の無料体験学習をご希望の方は、こちらをごらんください。
(無料体験学習をお申し込みの方に、勉強に役立つ小冊子をお送りします。)

Online作文教室 言葉の森 「特定商取引に関する法律」に基づく表示」 「プライバシーポリシー」